活動


2020,05,31, Sunday 『30年』〜大和民族の遺伝子〜齋藤健前農水大臣【1】


私は再度、齋藤健先生の著書「30年」〜大和民族の遺伝子〜を読みかえしました。
日露戦争に勝利した日本はいずれロシアはリベンジしてくるだろうと陸軍大学校の帝国国防方針(仮想敵国)No-1はロシアだった。その後アメリカとの軋轢が高まり、1923年・大正12年にアメリカがNo-1に躍り出てロシアと並び立ったものの陸軍大学校の教育が対米戦を前提としたものに変更されたのは、何と昭和18年だった。対米開戦を主張したのは海軍ではなく陸軍だったにもかかわらず。パールハーバーで海戦史上初めて飛行機が海戦の主役になった。アメリカはいち早く空母を量産した。しかし日本は大鑑巨砲主義を貫いた。元航空参謀の源田実氏は言った。「水兵の失業問題は見逃すことの出来ない問題だった」と。
日本海海戦や奉天の会戦に勝った日本、つい30年前までマゲを結っていた民族日本だった。それから34年、ソ連と闘ったノモンハン事件、惨憺たる惨状だった。そこにあるのは変わり果てた日本陸軍の姿だった。
平成の30年が終わり令和の時代が動き出した。平成の30年は災害が多い時代ではあったが、明治、大正、昭和に比べると比較的平穏な時代だった。しかし、宿題をやらなかった30年でもあった。「失敗の本質」の著者野中郁次郎先生に約20年前にこう言った。『何が物事の本質か、それを常に追求する個人、そしてそれを許容する組織風土、それを維持するという事に尽きる。あとは応用問題だ』と。
昭和20年、戦艦大和は構造改革が不十分なまま、海の藻屑と消えた。多くの若き乗組員が「俺たちは犬死ではないか」と疑問を呈する中、21歳の白渕大尉は言った。「進歩のない者は決して勝たない。(中略)敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか。俺たちはその先導になれるのだ。日本の再生に先駆けて散る。まさに本望じゃないか」と。その白渕大尉は海戦冒頭、直撃弾を受けて戦死した。
令和が始まって発生した新型コロナウイルス、今の日本、正に課題が何か、その課題を理解し課題解決に猛進しなければならないという事に警鐘を鳴らしてくれたように思います。

2020,05,20, Wednesday 石あかりのさと&きゅうり畑


コロナウイルスの為、今年の「むれ源平石あかりロード」は休止となりましたが、ことでん八栗新道駅の近くに「石あかりのさと」と命名されている団地があります。石あかりロードは旧牟礼町時代の平成17年、石材業界の若手経営者を中心に始まりましたが、始まってすぐの頃、全戸に石あかりが設置された住宅が分譲されました。
地域の魅力&特色を盛り込んだ素晴らしい取組みだと思います。
その住宅団地の近くに天文学的美しさのきゅうり畑があります。人も地域も心を込めて世話しかつ育てると素晴らしい結実を生みますが、このきゅうり畑から採れたきゅうりは最上の味のきゅうりになると思います。

2020,05,18, Monday 『子供にはITを制限したジョブス』::明日への選択より


私が定期購読している「明日への選択2020 1月号」に表題の記事がありました。
最近、アメリカではスティーブ・ジョブスに影響を受けて、スマホそのものを持たせない運動が広がっている。ジャーナリストの木村太郎氏のコラム「ジョブス氏の子供たち」に、次のように紹介されています。「僕の子供たちはiPad(アイパッド)は使っていないよ、うちでは子供たちがIT機器を使うのを制限しているから」。アップルの創業者で、IT業界の巨人スティーブ・ジョブズ氏がこう言ったという…。
ニューヨーク・タイムズのビルトン記者が取材すると、ジョブズ氏宅では夕食の時には子供たちと食卓を囲んで本や歴史に関する話題で団らんしても、誰もアイパッドやパソコンを持ち出すこともなく、IT機器に依存するような子供は一人もいなかったというジョブズ氏の友人の証言を得たそうです。
「知っておいてためになる話」より。このような現実に接し、私は幼児教育からの基礎基本となる、読書、読み聞かせ、童話、童謡、偉人伝、歴史教育等々が重要であると考えます。

2020,05,13, Wednesday ケインズ&シュンペーター


先月23日の読売新聞に「危機を乗り越える処方箋」という記事が載りました。
1936年の「雇用、利子および貨幣の一般理論」で、社会全体で需要が不足することを不況の原因と捉え、政府が下支えする必要性を説き、後に「ケインズ経済学」と飛ばれた。ただ、今回の景気悪化は、感染拡大を防ぐため、人の移動を制限したことで起きた。
ケインズのライバル、シュンペーターは、不況は経済にとって避けられない調整過程と捉え、不況から抜け出す原動力は、企業家が生き残りをかけて生み出すイノベーション(革新)だと考えた。また、シュンペーターはイノベーション(革新)について、「壮大な事や歴史的に重要なことである必要はない」とも指摘。
ケインズも、政府機能の拡大ばかりを唱えたわけでなく、あくまで期待したのは、当面の社会不安を鎮める役割で、「経済には民間の創意工夫と責任を用いるべき広範な領域が残されている」とも記している。
今は、新型コロナが終息した後に備え、この時期にこそ、生き残りをかけたイノベーション(革新)は何か、EBPの手法で計画立案し、自助・自立での行動に備える時と考えます。

2020,05,08, Friday 中小企業者等を特別支援体制で支援!!


『かがわ産業支援財団』は、新型コロナウイルス感染症に関して、特別支援体制で、中小企業等を強力に支援します。
1、「新型コロナウイルス関連経営相談窓口」の設置
(1)設 置 日 令和2年(2020)5月7日〜平日・毎日
(2)設置時間 8:30〜17:15
(3)設置場所 香川県産業頭脳化センタービル1F(高松市林町2217-15)
(4)対応者 中小企業診断士等専門家による対応
(5)相談方法 原則として電話・WEB等による相談(予約制)
 ・電話をいただいた後に、日程を調整して専門家から電話をします。
 ・来訪を希望される場合は事前に相談いただき、感染対策を行ったうえで対応します。
2、「新型コロナウイルス関連企業支援チーム」によるプッシュ型支援
 県内事業者に対して、国や県の事業継続や雇用維持に関する支援施策に加え、省庁の枠を超えた国の経済対策全般にかかる各種施策や県内市町の取組みを積極的に紹介するため「新型コロナウイルス関連企業支援チーム」を財団内に設置します。
(1)設置日 令和2年5月7日〜7月31日(金)まで
*相談窓口電話 087-840-0391 (受付時間 (:30〜17:15) 
*「香川県よろず支援拠点」の休日経営相談 5月中も継続実施します。
 ・開設時間 10:00〜14:00
 ・開設場所 香川県産業頭脳化センタービル2F「香川県よろず対策拠点」 電話 087-868-6090
 ・相談方法 原則として電話等による相談(予約制)