活動


2019,09,14, Saturday 韓国について:徴用工問題の真実


『2018年10月30日のいわゆる「徴用工」裁判によって日韓関係はさらに悪化した。韓国の裁判所は、これまでの判決内容(日本企業側無罪)を無視して差戻判決を下し、一転して日本企業側の敗訴が確定した』と、ある定期購読誌の「徴用工問題の真実」と言う記事がありました。
1939年から1945年まで韓国の人々は無理やり日本に連れて来られ、奴隷のように日本で重労働を強いられた、と言っている。しかし、韓国で徴用令が発動されたのは1944年9月からであり、それ以前は「募集」や「官斡旋」であった。期間を考えれば当時の韓国人たちは自らの意思で日本へ渡航してきたのである。このことから、彼らを「徴用工」と称するのは正確でない。
台湾に台湾高座会があります。昭和17年当時、若年労働者が不足していた海軍は、台湾総督府へ若年労働者となる学生の募集を要請した。「年端もいかない子供たちを好条件でだまして連れてきて、酷使して使い捨てた」と非難する人もいます。しかし海軍は彼らを大事に扱い、戦局の悪化から、一部約束を果たせなかったところはあったものの、高座海軍工廠を始め、来日した8400名の少年はそれぞれの現場で見事役割を果たした。「台湾高座会」はこの方々が結成した同窓会組織です。
台湾少年工75周年を記念して昨年、座間市に「台湾少年工を讃える顕彰碑」が建立されました。
正しい誇れる歴史を将来世代に継承していくよう頑張らせて戴きます。

2019,09,09, Monday 韓国について:「明日への選択」を読んで


韓国の歴史教科書では、「日帝は世界史で類例を見ない程徹底した悪辣な方法で、我が民族を抑圧、収奪した」、さらには「わが民族の生存まで脅かした」と書かれている。その日帝の植民地支配に対して、韓民族は徹底闘争を闘い、戦後の韓国は日帝と闘った大韓民国臨時政府や独立運動の系譜を引いている。戦後もその傷跡や被害の記憶から、韓国は「反日」となっている、と言うのが「公的記憶である」といえる。
もしそうであれば、戦後の大韓民国では朝鮮総統府の元役人や旧日本軍人、日本の戦争遂行に協力した人物は正に「民族の裏切り者」として追放されたはずである。しかし、事実は全く逆で、一部は別として戦後のある時期までの大韓民国の各分野の指導者(最高裁判所長官、判事、検察幹部、財務部長官、経済界のトップ等)は正に「親日派」で占められていた。戦後、朝鮮総統府と大韓民族の連続性は想像を超えている。
この記事に接し、正しい歴史教育の大切さをひしひしと感じました。歴史学者のトインビーは言っています。『民族滅亡の三原則』(1)理想を失った民族 (2)価値や物をお金に置き換え、心の価値を見失った民族 (3)自国の歴史を忘れた民族。
「誇れる歴史」の継承に今後とも最善を尽くさせて戴きます。

2019,09,02, Monday たこせんべいの里in淡路島


先日、友人と「たこせんべいの里」へ行きました。
入店して「素晴らしい店づくり」をしていると思いました。正に商いの基礎基本を学ばせて戴きました。商品陳列コーナーには試食用たこせんべいが置かれ、多くの来店者が試食(写真)されていました。そして休憩コーナーには無料のコーヒー、緑茶、ウーロン茶のサービスコーナーがありました。そして、トイレも広く、男子用トイレには5つのウオシュレットトイレと10の小便器、1つの子供用小便器が設置され、臭いが全くせず、清掃が行き届いていました。正に商いの基礎基本が忠実に実行されていると思いました。
しっかりとたこせんべいを買わさせて戴きました。
店員さんの話、「多い時は一日3000人」の来店があるそうです。是非一度行かれて下さい!

2019,08,26, Monday 世耕弘成経済産業大臣in東京


参議院議員山田宏先生の地方議員セミナーにて世耕弘成経済産業大臣より学ばせて戴きました。
日本と韓国の問題について、韓国の対日対抗措置は、日本経済にとって影響は少ない。家具を含めて日本が韓国からの輸入は3兆6.000億円であるが、他国で代用できる。発電所からの石炭灰は日本国内で産廃処理できるし、全電力で約10億円である。廃プラスティックについても、国内処理するのが世界の流れである。観光客についても、日本で使って下さお金は、中国は一人一日約14万円に対し、韓国は一日一人約8万円である。これを機に韓国以外の国への積極的なインバウンド誘致活動が大切である。
文大統領になってから、対話が出来なくなった。アジア諸国の中でホワイト国と言う優遇措置は韓国だけであった。EU諸国はどの国も韓国をホワイト国扱いしていない。日本の今回の処置は不適切な事例があったからである。
「お金も出すが、口も出す、情報も得る」。対中国は「戦略的互恵」で行く。私達は誇れる日本の歴史と今の現実をしっかりと学び理解していなければならないと学ばせて戴きました。

2019,08,24, Saturday 萩生田光一自民党幹事長代行in東京


先日、参議院議員・防衛省政務官山田宏先生主催の地方議員セミナーに参加させて戴きました。
講師の自民党萩生田光一幹事長代理の講話は、◎「豊かな国」とは、0歳からいつでも赤ちゃんを預けられる国が幸せではなく、予約制にして、0歳代は母親がめんどうをみる。1歳から預けられる?これが真の幸せである。◎平成の大合併、最初は反対だった。しかし国会に来て思ったこと。やはり平成の大合併は正解だった。余りにも自治体間の差が大きすぎる。◎国は市町村区の大卒職員が22歳で入庁してからの8年間で、災害等に役立つ国家資格制度を作った。資格を取って一人二役も三役もこなせる職員を養成する。そうすればイザ災害の時に役立つ。[例]西日本豪雨災害時、400台のミスト発生器を送った。しばらくして行くと活用されないままだった。ただタンクに水を入れ電源を繋ぐだけなのに。等々を聞き、国も一人で2役3役こなせる若手職員の養成制度を作るなど、時宜を得た先を見越した取組みをしていると思いました。
海外対応については、日本はカンボジアで3本橋を架けた。おくゆかしい日本は欄干の裏側に日の丸と共に日本の予算で架けたと記した。某国は1本しか架けていないのに大きく見える所に表記した。だからカンボジアの人達は日本が橋を3本架けたことを知らなく、某国のみを評価するそうです。この話を聞き、私も政治の世界に入って16年が経ちましたが、石あかりロード、浜北駐車場、駒立て岩周辺整備、道の駅源平の里むれの整備等々実行してきましたが、知らない人も多く、これからははっきりと実績についても言っていくべきと思いました。
この学びを県政に活かさせて戴きます。