活動


2019,06,11, Tuesday 中央大学酒井正三郎総長と面談させて戴きました。


先日、私の母校中央大学の八王子キャンパスへ初めて行き、酒井正三郎総長と面談させて戴きました。
私が学生時代、中央大学のキャンパスは神田にありました。卒業後、緑に囲まれた広大な八王子に移転、モノレールも開通し、学ぶには最高の環境でした。酒井総長とは同期で、学部学科も同じ商学部商業貿易学科です。
今回、酒井総長に面談させて戴いたのは、私の地元、屋島、庵治半島、志度湾を含めた高松東部エリアを、CCRCの手法で活かせないか、東京圏に多くいる中央大学の卒業生に、高松東部エリアの素晴らしい環境を、自らの健康の維持・増進、心の癒しエリアとして何とか相互連携の下、活かし、地域を活性化できないかと考えたからです。約1時間の面談で白砂青松の瀬戸内海や30分以内で行けるゴルフ場が6ヵ所あり、プレー費も手ごろである、また、学ぼうと思えば長寿大学等、学びの場も提供できる等、アメリカで進んでいるCCRCは高松東部エリアがふさわしいなどなど、意見交換させて戴きました。
次の機会には、より具体的な提案をさせて戴こうと考えています。

2019,06,06, Thursday 2019年に行くべき世界の52エリア…NYタイムズ電子版


写真は高松市牟礼町からの瀬戸内海の景観です。
今年1月、ニューヨーク・タイムズの電子版に「2019年に行くべきデスティネーション(52エリア)」に日本で唯一『Setouchi Islands(瀬戸内の島々)』が選ばれまのは記憶に新しい所です。瀬戸内海は武士道で有名な新渡戸稲造が、さぬき市長尾出身の小西和が著した「瀬戸内海論」の素晴らしさに『瀬戸内海は正に世界の宝石なり(Jewel in the inlano sea!』と言う言葉を贈りました。その甲斐あって屋島を中心とした備讃瀬戸は昭和9年3月16日、日本で初めて海の国立公園に指定されました。
3枚の写真のように高松東部エリアには磨けばまだまだ光り輝く宝が眠っています。私は高松東部エリア出身の香川県議会議員として、この宝に磨きがかかるよう政策提言し、今年3月、全線4車線化となった高松自動車道や来年の2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催と共に日本への来訪者が4000万人と予測されているそのチャンスを活かし、県都高松&高松東部エリアのより一層の活性化に向け全力投球させて戴きます。

2019,06,05, Wednesday さぬき東街道全線開通:地域の宝を活かす!!


先日、さぬき東街道(旧長尾街道)の全線開通記念式典に出席させて戴きました。
全線4車線のさぬき東街道はさぬき市南部、三木町を通り高松市春日町の国道11号線に至る県道です。この開通をいかに地域経済の活性化に活かすかが大切です。私は昨年11月、愛媛県八幡浜港からフェリーに乗り、臼杵港(約2時間の船旅)へ行き、高千穂渓谷に行きました。この時感じたのが、何が何でも橋を架ける、トンネルを掘る、ではなく、ゆっくりと船旅を楽しむのもいいのではないか、と思いました。今年3月、高松自動車道が全線4車線化されました。今、名古屋から奈良、和歌山へ至る高速道路が便利になりつつあります。名古屋など中京エリアの方々に、和歌山から約2時間の船旅を楽しんで戴き、四国88ヵ所の上り5か寺(屋島寺・八栗寺・志度寺・長尾寺・大窪寺)をお参り戴き、四国唯一のケーブルカー・八栗ケーブルを楽しんで戴いたり、屋島山上からの瀬戸内海に景観、庵治半島の景観や食を楽しんで戴くなど、秘めたる地域の宝を活かす絶好の好機到来、と考えています。
ご意見・ご提言など何なりとお申し付け下さい!

2019,05,31, Friday 国土交通省へ陳情…


5月29日、自由民主党香川県政会の一員として国土交通省を訪問、森昌文事務次官を始め、技監、道路局長、港湾局長、鉄道局へ社会資本整備総合交付金の増額、四国新幹線の実現等の陳情をさせて戴きました。香川県政会の会派努力により、この3年間で約170億円の社会資本整備総合交付金が交付されると共に、さぬき浜街道の坂出・高松間のトンネル工事に約70億円の予算が付けられ、香川県のより一層の社会資本整備が進み出しています。
先月、私は自由民主党香川県政会に入会させて戴き、初めての研修兼国への陳情活動でしたが、ポイントをしっかり押さえ、社会資本整備総合交付金の額が全国最下位から1位、順位を上げるなど、しっかりと結果を出している活動です。
私も牟礼町長時代、月1くらい国土交通省を訪問し、いろんな陳情等させて戴きました。その結果が、道の駅源平の里”むれ”、房前公園、ことでん大町駅から八栗新道駅以東に至る国道11号線の歩道拡幅、国道11号線大町交差点における歩道橋へのエレベーター設置でした。国への積極的働きかけは必ず、素晴らしい結果を生みます。課題が何かを理解し、積極的に地域発展、引いては古里香川の発展の為に最善を尽くさせて戴きます。
写真は国土交通省に掲げてあったポスターです。国も自転車を活用した国土づくりに取組もうとしていると思いました。私も今、屋島周遊・庵治半島周遊の県道が、安全にサイクリングやウオーキングが楽しめる県道になるよう取組んでいます。
ご意見・ご要望などご遠慮なくお申し付け下さい!

2019,05,28, Tuesday ”身代り”飛木の焼けイチョウin墨田区…


東京都墨田区の高木神社の近くに「”身代り”飛木の焼けイチョウ」があります。
昭和20年3月10日、B-29による東京大空襲時、このイチョウの大木は自らも焦げながらも懸命に耐え、迫りくる炎の延焼を食い止め、多くの区民を救いました。
今、適度に配置された公園が防災に役立つことが研究されています。私は数年前のセミナーでこの研究発表を聞き、都市部など家が建ちこんでいるエリアにおいては、廃屋をミニ公園化し、都市の防災と景観づくりに活かすべきと考えています。
また、東京には海抜−70センチのエリアがありますが、津波等が予測される地域には、しっかりとした耐震堤防の設置が重要と、この標識に接し、改めてそう思いました。