活動


2018,12,16, Sunday オンリーワン幼稚舎&心育保育園クリスマス発表会in横須賀市


今年も横須賀市のオンリーワン幼稚舎&心育保育園のクリスマス発表会(ファンタジックパーティー)に出席させて戴きました。
論語の朗誦、English・日本の心を海外へなど、様々な発表に感動しました。まず毎回感心するのは子供達の記憶力です。すらすら朗誦する論語やEnglish:June:The early bird catches the worm.(早起きは三文の徳)、July:.The eyes are the windows to the soul.(目は心の窓)、December:Never Never Never NeverGive up!七つの約束。子供達の記憶力の素晴らしさに感動すると共に、幼児養育の大切さを毎回、学ばせて戴きます。
オンリーワン幼稚舎&心育保育園の園長先生は志道不二子先生で、先生は「おとぎ話が教えてくれる幸せの法則」を含めていろんな本も出版さtれています。子供達が歌う「夢をあきらめないで」1、あきらめないで 苦しいことがあっても 乗り越えるのさ 見守ってくれるだけでいい 強くなりたいだけさ…。「ありがとうの唄」1、ありがとうの種をまいたら 少しずつ芽が出てきたよ 照れくさそうに恥ずかしそうに…など、作詞作曲され、子供たちが歌う姿にまたまた感動です。
子供達の着ている衣装は全て先生方の手作りとのこと、園長先生と先生方と子供達とお父さんお母さん家族の方々が一体となった素晴らしい感動の発表会でした。
香川県の幼児教育に活かすよう頑張らせて戴きます。

2018,12,14, Friday MICE誘致の推進:一般質問


香川県議会の一般質問似て私は「MICE誘致」について質問させて戴きました。
新香川県立体育館・アリーナが基本設計に入った今、大切なことはアリーナの利用頻度を上げ、香川県&県都高松の発展に寄与させることだ、と私は常々考えています。新県立体育館・アリーナのデザインは素晴らしく、サンポートのみならず、高松市の、ふるさと香川のランドマーク・シンボルになる、又しなければならないと思います。シンボルタワーの国際会議場やサンポートホールから、新県立体育館・アリーナ越しに見える瀬戸の島々、瀬戸内海の景観は世界のどこにもない素晴らしい景観だと理解しています。それ故に2023年の完成に向け、今から国内はもとより海外へも積極的に売り込むべきと考えており、今議会で一般質問させて戴きました。
戴いた答弁は、「香川らしい魅力ある特別な場所、いわゆるユニークベニューの掘り起こしなど、誘致ツールの充実に取り組んでいる…知名度ある芸能人や商品とのコラボレーションをはじめ、様々な方法で、積極的に話題づくりに取り組んで参りたい」等の答弁を戴きました。
人口減少をカバーするのは「交流人口を増やす」ことです。ふるさと香川のより一層の発展の為、全力投球させて戴きます。

2018,12,11, Tuesday メルヘンのお城in八栗保育所


先日、牟礼町の八栗保育所の発表会に出席させて戴きました。
写真は「メルヘンのお城」と「0歳児1歳児」の遊戯です。私は平成15年以来16回目となりましたが、取り分け「メルヘンのお城」は素晴らしく、いつ観ても感動です。先日の新聞に、30年後、20〜30代の女性が土庄町で70.7%、東かがわ市で65.5%、小豆島町で64.9%減少する、という記事がありました。その後、調べますと高松市でも約40%の減少予測とのことでした。しかし、この予測は何も手立てをしなかったら、の予測だと私は考えます。人口減少を乗り越えるのは入込客増を図ること、と言われています。
私は高松市出身の香川県議会議員として、明日12日、午前11時過ぎより、入込客を図る政策提言等を本会議にて一般質問させて戴きます。
『未来の子供達に負担をかけない社会を継承する』ために全力投球させて戴きます。ご意見・ご提言等ご遠慮なくお申し付け下さい!!

2018,12,01, Saturday 寛政の三博士「柴野栗山」212年祭


12月1日は柴野栗山の命日で、毎年「栗山祭」が開催されます。今年は没後212年になります。「寛政の三博士」と言われた柴野栗山は、1736年に高松市牟礼町で誕生し、1748年に高松藩の儒学者「後藤栗山」の元へ通い儒学を学んだ。1753年に江戸へ行き湯島聖堂で学んだ。湯島聖堂での勉学の後、1767年に徳島藩藩儒となった。1787年に老中松平定信から呼び出され、幕府に仕え、「寛政異学の禁」を発し、寛政の改革に貢献した。
栗山の遺作・偉業★「進学三喩」○志は遠大にして、日々これに励むべし ○初めに謹みて、正道より入るべし ○小成に安ぜず、大成を期すべし ★初代天皇神武天皇陵の再興 などがありますが、富士山を詠んだ歌としては最高の作と言われている『富士山を詠ず』を残しています。その大意は『いったい誰が東海の水で、あの玉のような富士の霊峰を洗い出したのであろうか。大地の上にどっしりと腰をおろして、裾野は広く駿河・甲斐・相模の三国いっぱいに広がり、その頂は高く大空にぬき出て蓮が八つの花弁を重ねたようである。…』⇒原文「詠富士山:誰将東海水 濯出玉芙蓉…」です。

2018,11,30, Friday 『しっぽの森』:さぬき動物愛護センターの名称


11月30日、香川県と高松市が共同で公渕森林公園内に整備している「さぬき動物愛護センター」の愛称について、『しっぽの森』に決まりました。
平成28年度の犬の殺処分数はワースト1位香川県1838頭、2位愛媛県761頭で、少ないのは1位東京都5頭、2位福井県6頭でした。「しっぽの森」は来春の平成31年3月10日(日)オープンします。休館日は月曜日と年末年始で、月曜日が休日の場合、翌平日が休館となります。我が家の愛犬も高松市保健所から今年4月に譲って戴きました。
来春の動物愛護センター『しっぽの森』のオープンで香川県の犬の殺処分数が大幅に減少することを願って止みません。