活動


2019,02,18, Monday 岸田文雄自民党政調会長の講演


香川の生んだ偉大な宰相”大平正芳”元総理が第3代会長を務めた宏池会の現会長で自由民主党政調会長の岸田文雄先生の講演会が開催されました。
間もなく平成に続く新しい時代が始まる。これからの時代はAI、Lot、ITなど科学技術が時代をリードする。
2019年,今年はG20やラグビーワールドカップが日本で開催されるなど、大変重要な年になる。だからこそ、しっかりと政治、経済を安定させなければならない。経済においては米中対立、イギリスのEU離脱などなど懸念材料もあるが安定させなければない。とりわけ今年10月には消費税が8%から10%に上げられる予定ですが、これを乗り切りしっかりと経済を安定させなければならない。
そして、全世代型社会保障など、これからの少子高齢化を乗り切る課題を解決すると共に、未来に対してしっかりとインフラ投資もしなければbならない。削るだけでは道は開けない。国民の皆様に負担するところはしっかりと説明責任を果たして負担をお願いしなければならない。
その為にも、安定したしっかりとした政治が必要である。大変勉強になる講演会でした。県政に活かすよう最善を尽くさせて戴きます。

2019,02,12, Tuesday 歴史を正しく伝える:台湾の素晴らしさ!


前回、台湾の2.28事件を取り上げさせて戴きました。
私は約10年位前、台湾へ行き、台湾の総統府を見学に行きました。台湾総統府は旧総統府(日本統治時代)です。韓国は日本の統治時代の総統府は撤去しましたが、台湾は総統府として活用しています。総統府へ行き台湾の素晴らしさを感じたのは、総統府の1階に「台湾2.28事件」を詳しく説明するコーナーがありました。国の「負」の歴史も詳しく国民に展示している場面に接し感動しました。
日本も見習わなければならない、と深く思いました。このことが平和と友好につながると思ったからです。
香川県議会議員として、台湾の素晴らしさを県政に、香川の教育に活かすよう頑張らせて戴きます。

2019,02,05, Tuesday 台湾の素晴らしさ:忘れてはならない2.28事件


1947年2月28日、台北市で闇タバコを打っていた40歳の主婦を中華民国の官憲が摘発した。女性は土下座して許しを懇願したものの、大陸から来た官憲は女性を殴打し商品や所持金を没収した。
日本の台湾撤収後、大陸から来た国民党に不満を持っていた台湾人が台湾全土で立ち上がった。国民党政府は機銃掃射等を行い1万8000人〜2万8000人の台湾人が犠牲になった。
台湾の素晴らしさは、私が10年前に訪問し台湾総統府に行った時、その1階にその詳細な史実を展示してあったことです。国家の負の歴史を正しく、それも総統府の1階に展示し、台湾国民に正しく伝えていることに、台湾の素晴らしさを感じました。

2019,01,31, Thursday 芸術の力を街づくりに活かす…


先日、高松市牟礼町で石材彫刻の素晴らしい技術を持つ、友人の家を訪問しました。友人は基礎基本から彫刻を学び、今の素晴らしい作品に繋がっています。写真は高校時代の作品で、改めてその才能に敬服しました。
「断トツの文化・芸術の力で香川を日本一住みたい街に」が香川県文化芸術局が掲げるキャチフレーズです。最初にこの言葉を聞いた時、私は当局の「やる気」を感じましたが、友人の写真の作品に接し、改めて彫刻・モニュメントなど芸術作品と白砂青松の瀬戸内海の景観が溶け合った街づくりをしなければ、と思いました。

2019,01,26, Saturday 五剣山&「八栗寺」と「日光」の縁…


写真は庵治町から観た五剣山と偶然出会った台形の岩山です。五剣山は360度、観る所により景色が変わります。志度の末(志度インター付近)から観た五剣山も絶景で、天に向かって真っすぐそびえる三剣山に見えます。
八栗寺は昔、五剣山の峰に登れば、備後、備中、備前、播磨、摂津、阿波、讃岐、伊予の8国が見えることから「八国寺」と命名されていましたが、弘法大師空海が唐へ修行に行くとき、焼き栗を生めていった。帰って来ると8本の栗の新芽が出て縁起が良いことから「八栗寺」と命名された。
日光は「二荒山」にありますが、空海が日光に行った時、「二」を「日」に「荒」を」「光」とし「日光」となったと、奥の細道の解説書にありました。八栗寺と日光の縁です。
高松東部エリアには磨けばまだまだ光輝くであろう”宝”が多くあります。私は高松東部出身の香川県議会議員として「高松東部・東讃エリアの魅力最大化」に取り組んでいます。ご意見・ご提言など何なりとお申し付け下さい…!