活動


2020,08,13, Thursday シンガポール:建国55年で一人当たりGDP、日本の2倍に!


1945年8月9日、長崎に2発目の原子爆弾が落とされました。広島14万人長崎7万人が犠牲になりました。その20年後の1965年8月9日シンガポールはマレーシアから独立し、最初の首相に就いたリー・クアンユーは何の資源もない小さな島だったシンガポールをアジアの中心地の一つにまで発展させました。ちなみに一人当たりGDPは7万9千米ドルと約日本の2倍です。
1941年、日本がシンガポールを占領した時、日本はシンガポール華僑虐殺事件を起こしました。日本の公式見解では約5千人、現地では5万人とも言われています。日本軍から『全ての中華系住民は検査のため集まるよう」命じられました。リー・クアンユー氏も集合場所に行ったものの、おかしいと感じたリー・クアンユー氏は「家に所持品を取りに帰っていいか」と憲兵隊に許可を得て逃げ帰り、無事,終戦を迎えることが出来た。集められた人の中から約5千人が殺害された。1962年に大量の遺体が発見され、反日感情が高まる中で慰霊の「日本占領時期死難人民記念碑」が建立されました。除幕式でリー・クアンユー氏は「過去がどんなに痛ましいものであったとしても、過去の経験にとらわれることなく、今に生き未来に備えなければならない…」との言葉を発しました。1967年、日本は当時の金額で約30億円相当の無償援助を実施し、国内のインフラ整備に活かされました。
ウオー・メモリアル公園の慰霊碑はマレー系、中国系、インド系、ユーラシアンの団結を記念するもので、高さ65m余の4つの塔からなっています。私もシンガポールに行く機会があったら、慰霊碑を参拝させて戴こうと考えています。
戦後75年、、何もなかったシンガポールが建国55年で日本の一人当たりGDPの2倍もの経済大国になった事例を学ばせて戴くと共に、日本も反省するところは反省し、この平和を永遠に守り続けて行かなければならないと思います。

2020,08,07, Friday 傷ついたツバメの子


今朝、我が家に傷ついたツバメの子が来ました。空の電線や木々に仲間のツバメが数羽、上空からそのツバメを鳴きながら見守っていました。
そのツバメは何に襲われたのか左の羽が半分噛み切られていました。空を飛べないはずです。しかし、何時まで経っても去ろうとせずに空から仲間のツバメを心配して鳴き続けているツバメに接し、ツバメのやさしさを感じました。
片や「人間」、先月も東京で3歳の女児が母親に約1週間もほったらかしにされ餓死するという悲惨な事件がありました。人として考えられない事件です。この24歳の母親は、お母さんが17歳の時の子で、幼い時から母親に包丁で傷つけられ脅され、8歳の時、児童施設に入所し、高校を卒業した、即ち「負の連鎖」があった。今、7人に一人の子どもが貧困だそうです。そして母子家庭となるとその比率はもっと高いというデータが出ています。何としてもこの現実を解消し、全ての子供たちを、未来を支える若者・人となるよう育てる・学べる環境整備が必要です。
子供は親を選べません。私は香川県議会議員として、子ども達が置かれた環境に関わらず、育ち・学べ、未来を支える若者・人となれるような環境づくりに頑張らせて戴きます。
ご意見・ご提言等お申し付け下さい!!

2020,08,04, Tuesday 『前向きに頑張る事業者を応援』総合補助金


7月14日より募集している「香川県前向きに頑張る事業者を応援する総合補助金」の募集期間は8月13日〈木)迄です。
県内に本社がある中小企業、県内に住所がある個人事業者等が補助対象者で、補助対象経費は〇広告宣伝費〈販売促進費)〇機械装置費等〇消耗品等費〇開発費〇雑役務費〇借料〇専門家謝金・旅費等です。詳しくは香川県のホームページで確認されて下さい。また、応募書類・説明資料もホームページからダウンロードされて下さい。
詳しくは◎事業者応援総合補助金コールセンター ?087-832-3885 (9:00〜17:00 土日祝日は開設しておりません)へ相談されて下さい。

2020,08,01, Saturday ため池のカバープランツ:音谷池in香南町


今後、ため池管理、取り分け土手の維持管理が少子高齢化の中、課題になって来ると思います。
写真は香南町の音谷池で土手をムカデ芝で覆っています。カバープランツに積極的役割を果たされた辻前高松市議〈元香南町長〉の話では、以前は年3回土手の草刈りをしていたが、今は殆んどその必要がないとのことです。
私の地元牟礼町では、ことでん八栗駅、六万寺駅の近郊では、売る土地があれば宅地化され、ことでん志度線は朝夕は大町〜瓦町駅間が10分間隔で運行されることから利便性が大変よく、どんどん家が建って行っています。という事は農業従事者が減り、池の水利権者が減少し、ため池の管理が年々難しくなるということです。
今後、ムカデ芝や最新の草刈り機の普及促進が必須だと思います。

2020,07,23, Thursday 『危機の経済学』&『コロナ後の経済』:伊藤元重先生


新型コロナウイルスが拡散する前の今年2月11日、元東京大学教授の伊藤元重先生の『危機の経済学』と言う記事が日経新聞に掲載されました。私は牟礼町長時代、時間があれば総務省、国土交通省主催のセミナーに参加していました。伊藤先生は受けたセミナーの講師で当時政府委員をされており、経済の実情が良く理解できました。
2月11日の内容は、現実の経済を振り返れば1997/8年の日本&アジアの金融危機、2009年のリーマンショックと約10年に一度、危機に陥っている。日本の10年物国債の流通利回りは1990年6.5%、2000年1.7%、2010年1.3%、現在は0%を下回っている。仮に公債の金利が2%b上昇すれば、GDP比4%(消費税8%に相当)増える。GDP比2.37倍の公的債務残高がある日本が経済が安定しているのは、金利が歴史的に低水準にあるという条件が前提である。
7月12日の「コロナ後の経済」では、ウイルスを抑えながら経済をどう守っていくか、コロナ問題終結後、経済がどう変化しているかが今の議論である。今回の財政・金融政策の対応は「経済危機に直面しているので、なりふり構わず」であり、リーマン・ショック時を超える。株価や債券価格は回復しているが、実体経済は惨憺たる状況である。この根底には「低金利」「低インフレ」「低成長」の3低と呼ばれる現象がある。今後、グローバル経済の舵取りと財政と金融を混乱させないことが重要である。
松下幸之助は、干ばつなどの時に活きるダムに例えて、有事に備え、人材や資産に余裕を持った経営に努める「ダム経営」を唱えましたが、今回の新形コロナウイルスは「自助」「自立」の大切さを伝えようとしているではないか、と思います。