活動


2013,02,18, Monday さいとう健先生と意見交換


「転落の歴史に何を見るか」の著者、斎藤健先生と政治の課題等について意見交換してきました。
以前の活動報告でも書きましたが、牟礼町時代、私は偶然、さいとう健先生の書かれた「転落の歴史に何を見るか」を読み感動しました。日露戦争からノモンハン事件に至るまでの歴史を忠実に分析されていたからです。しかも、書かれた年齢が40才頃で、日本の若手官僚にこんなすばらしい人材がいるのかと感心しました。
○これから安全保障がより一層重要になる。○日本の農作物は安全で美味:空港の近くに国際青果市場を作り、外国人の仲買も可能に。○日本を取り戻すには安倍総理しかいない。など意見交換してきました。