活動


2009,05,29, Friday 石破 茂 農林水産大臣来たる


先日、石破茂農林水産大臣が来高されました。
石破大臣と言えば防衛大臣の時の印象が私にはありますが、さすが自由民主党の総裁選挙に立候補されただけあって農林水産大臣としての日本の農政、とりわけ食料自給率などの話は印象に残りました。世界では毎日2万5千人が餓死しているし、約9億人が今日何を食べたらいいのか困っているという話を聞くにつけ、100年に一度の不況と言われている今の日本ですが、世界で困っている地域の人達に比べれば、まだまだ幸せな国だと感じました。
また、政治をしっかりさせなければならない中、最近の日本は総理大臣が変わりすぎるという話もありました、この約20年の間に、中曽根、竹下、宇野、海部、宮沢、細川、羽田、村山、橋本、小渕、森、小泉、安部、福田、麻生総理と、何と15人もの総理が誕生している現実に接し、これではアメリカ・中国・フランスなどのように、腰をすえて仕事ができていないな、と思いました。
石破大臣のおっしゃるとおり、国民の信頼のもとに、今のような時代だからこそ、確固とした『政策』にもとづく強い政権が必要と感じました。