活動


2013,10,28, Monday 竹の活用(資源に)


林業活性化議員連盟で、まんのう町のアンナプロバイオ株式会社を視察研修しました。今、香川県を含め、多くの地(仙台以南)で竹林被害が広がっています。
本県では約62万5000本の孟宗竹が生えており(2006年統計)、その成長は著しく、リサイクル可能な無尽蔵の有効未利用資源です。アンナプロバイオでは、土壌改良剤、肥料、植物成長剤、家畜飼料および水産養殖飼糧添加剤等の研究が成され、すでに商品化されています。
また本県では、全県下の4000haの竹が生育しています。孟宗竹で始まったこの事業を、真竹を含めて広め、竹林被害を防止し、逆に竹を活かす事業として育てる大切さを学んだ視察研修でした。
(写真は竹の加工工場です)