活動


2017,01,04, Wednesday 2017初春を迎えて…


 新年あけましておめでとうございます。皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りさせて戴きます。
 私は政治の世界に入り早や13年8ヶ月が経ちました。家庭も企業も行政も経済的裏付けが大切であり、その裏付けの下、時宜に沿った政策のの立案とPDCAサイクルによる政策の実行により、社会を活性化させることが基礎基本であると常々考えています。昨年の香川県は第3回瀬戸内国際芸術祭の開催や香港線の新規就航、台北便の増便などのより、外国人の来訪が増えるとともに宿泊客も増えました。今までの努力の結果が数字となって現れてきています。2025年問題、すなわち戦後のベビーブーム世代が全員75歳以上となる2025年以降、少子高齢化による財源課題や社会保障費の大幅増加が予測される中、大切なことは県民皆様がいつまでも健康であり続けることだと思います。そのためには、歩きたくなる、サイクリングしたくなる、行きたくなるなるような環境整備(遊歩道・サイクリングロード・景観整備等)、長寿時代における歯の健康が重要ではないかと考えています。すなわち『健康立県かがわ』となるための環境整備と時宜にかなった施策展開、未来を担う子供たちのための教育が大切です。
 『健康立県かがわ』につながる政策提言とその実行に今年も香川県議会議員として一所懸命頑張らせて戴きますのでご意見・ご提言など何なりとお申し付け下さい。