活動


2017,01,28, Saturday 地球温暖化防止対策セミナーin東京


26日、「地球温暖化防止に向けての対策」セミナーに出席しました。
地球温暖化は人為的原因によるとの考えが一般的だと思いますが、米国Trump新大統領の姿勢はその逆で、地球温暖化は人為的原因によらないのではないか、という考えです。
日本は2017年7月に2030年のエネルギー需給の姿を描いた長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)を決定すると共に、2013年比で温室効果ガス排出量を26%削減する目標を国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に提出しています。しかし、地球温暖化対策の中で電源の構成は、再生可能エネルギー22〜24%、原子力20〜22%、石炭26%、LNG26%程度となっていますが、福島原発事故以来、今後日本においての原子力利用は難しいと思います。ある研究者が指摘しているとおり、過大な省エネルギーの想定が経済損失をもたらし得る。目標は過大と見られるが、それを目指すに当たっては良い経済環境を作り出し、経済を良くしながらそれによって民間の設備投資を促し、賢い省エネルギー対策の実施が不可欠である。
香川県においては、木・草・竹・食品残渣・下水残渣等のバイオマス技術の確立とその活用が本県の現況に合っている。オイル高騰の時、サトウキビ、小麦等を活用したバイオエネルギーに走り、結果、食料の高騰となった過去の事例を常に頭に入れ、地域の特性に合った、賢い結果となる地球温暖化対策が重要であると学ばせて戴いたセミナーでした。