活動


2017,09,11, Monday 着々と進む高松自動車道4車線化…


本日、環境建設常任委員会で平成30年度完成予定で工事が進んでいる高松自動車道4車線化工事の三木町内のトンネル工事現場を視察研修させて戴きました。工事は最終段階の舗装と天井照明工事が行われていました。
工事は香川県部分が35.3キロ、徳島県部分が16.5キロで、この区間は当初、片側通行で共用開始時点で一日1万2000台だった通行量が今では一日1万7000台となっています。事故の折の通行止めの確率は、4車線:3.4%に対して2車線:7.8%とのことで、安全上と利便性向上の面からも早期の4車線化完了が待たれます。また、このトンネルの工事費は1キロ約20億円だそうです。
また、制限速度は津田〜鳴門間がj時速70キロから100キロ、三木〜津田間は時速70キロが80キロとなります。香川県は交通事故が多発していますので、運転には十分注意されて下さい!!