活動


2017,10,12, Thursday ふるさと香川が元気になるように…


平成13年、小泉純一郎内閣発足、平成18年まで、5年余の長期政権でした。その後、第一次安部晋三内閣が発足したものの、平成24年12月に第2次安部晋三内閣が発足するまで、日本の政治は1年ごとに内閣が変わるという異常な時代でした。
平成24年12月に安部晋三内閣が発足した時の日本のGDP(国内総生産)は約493兆円でした。アベノミクス効果もあり、GDPは1年で500兆円を突破し5年経った今、日本のGDPは約543兆円です。自由民主党安部晋三政権の努力で、民主党政権時代のGDP実績から、何と約50兆円も増やしました。
香川県のGDPは約3兆6720億円で、国でいうとカダフィ大佐で有名な北アフリカのリビアとほぼ同規模で、世界95位、日本での順位は36位です。また50兆円は世界でいうと第25位のベルギーと同規模です。その間、有効求人倍率は0.83から1.74に、就業者数も185万人増えました。素晴らしい数字です。
香川県も人口課題がありますが、しっかりとした政策で、未来の子供たちに負担のかからない社会を継承する、今を生きる世代の責務です。ふるさと香川が、活力ある元気な地域になるよう香川県議会議員として頑張らせて戴きます。