活動


2018,02,05, Monday 2018年のグローバルリスク&地方を元気に


全日本不動産協会香川県本部の創立50周年式典と講演会が高松市で開催されました。
講演会の講師は「事業創造大学」客員教授の伊藤聡子先生で演題は「地域から日本を変える」でした。私が印象に残った先生の講話は「2018年のグローバルリスク」です。世界経済フォーラム2018によれば、発生の可能性&影響度が高いのは●異常気象&自然災害●気候変動の緩和・適応の失敗●サイバー攻撃で、アメリカ合衆国を例にとれば、ニューオリンズなどメキシコ湾等では昨年巨大ハリケーンが2つも発生し大被害が出た。一方、カリフォルニアでは異常干ばつによる乾燥の為に山林火災が発生し、これまた大被害を出した等であり、今後、世界では水危機、食料危機が危惧されており、日本においては農林水産業を成長産業にしなければならない。その為にも今後、人で不足が予測される中、多様な労働力の活用が必要で、ニーズにあった教育が重要である。東京一極集中を地方に分散する為に地域で雇用を生み出し、地方を元気にしなければならないなどでした。先生の講話を活かすよう頑張らせて戴きます。