活動


2018,03,27, Tuesday 「維新の人物に学ぶ」致知セミナーin東京


19世紀、アフリカで欧米諸国の植民地にならなかったのはリベリアとエチオピアだけであり、エチオピアも20世紀に入るとイタリアの植民地となった。一方、アジアではタイと日本が植民地にならなかった。タイは国王が立派だった。唯一、完璧に独立を守りぬいたのが「日本」である。
一つの例をあげれば、日露交渉時、プチャーチンと幕府代表川路聖謨が1855年長崎で日露和平条約で、国境を決める交渉をした。プチャーチン・「択捉島はどちらの島と思うか」、川路・「あなたは妙なことをおっしゃいますね。以前、ブローニンが国後島にやってきて日本は逮捕した。その時、択捉島までが日本領としたではないか」、プチャーチンは引き下がった…などなど。川路聖謨を含めて、当時の江戸幕府の役人はしっかりと歴史を頭に入れると共に、相手の手の内を読んで交渉した結果、日米通商条約など、不平等条約もあったものの、可能な限りの交渉をした事例を学ばせて戴きました。
講師は中村学園大学の占部賢志教授でしたが、先生、最後におっしゃられたのは、全ては「蛍の光」にある。1、蛍の光 窓の雪 書よむ月日 重ねつつ いつしか年も すぎの戸を 明けてぞ 今朝は 別れゆく 2、とまるも行くも 限りとて かたみに思う 千よろずの 心のはしを 一言に 幸くとばかり 歌うなり 3、筑紫のきわみ 陸の奥 海山遠く へだつとも その真心は へだてなく ひとつに尽くせ 国のため 4、千島の奥も 沖縄も 八洲のうちの 守りなり 至らん国に いさおしく つとめよ わが兄 つつがなく
「蛍の光」は明治14年、スコットランド民謡を原曲に、作詞は稲垣ちかいです。残念ながら、最近「蛍の光」や「仰げば尊し」が歌われることが少なくなっています。ちなみに台湾では、未だに「仰げば尊し」が台湾語で歌われています。