活動


2018,04,02, Monday 「横井小楠の目指したもの」:致知セミナーin東京


「日本の生き筋を示した男」「日本の大綱を示した人」が横井小楠である。
田口佳史先生を講師に横井小楠について学ばせて戴きました。勝海舟はこう言ったそうです。「俺は今迄に天下で恐ろしい人を二人見た。それは横井小楠であり西郷隆盛である」と。「時代が人物を要請し、人物が時代に応える」である。
1853年、ペリーが浦賀に来航した。その時、横井小楠は幕府の交渉役・川路聖謨に「不当な要求は突っぱねる…等」の外交の注意書を送った。その甲斐あって、千島列島の国境交渉では、ロシアのプチャーチンと粘り強く交渉し、今の国後、択捉島までを国境とした。
 また、横井小楠は『国是三論』を唱え、小楠を重用した福井藩は圧倒的に成長・繁栄した。その後も小楠は「船中八策」や「五箇条の御誓文」に繋がって行った『国是七カ条』『国是十二カ条』を唱えた。その横井小楠が大切にし唱えたのが『富国強兵:「民を富ませる」が基本中の基本』&『文武両道:「文」と「武」両方が相まって良くなる』であり、それ故に『政治は、民の幸せの為に世話をすること』であり、『政治は、万民の為を判断基準とする王道を歩むべきで、権謀術数による覇道を排すべきだ』と言っています。大転換期にある現在、この学びを活かすよう頑張らせて戴きます。