活動


2018,05,25, Friday 「これからの日本を考える」脇雅史政策研究会代表…


国土交通省出身で前参議院議員の脇雅史先生の講話セミナーに出席させて戴きました。
いろんな問題が日本にはある。立派な国であってほしい。風格ある国であってほしい。いじめも無くなってほしい。努力する人が報われる社会であってほしい。
「政治」⇒立派な政治であってほしい。今、ジャーナリズムが騒ぎすぎ、取り上げすぎ。ただ、最近のニュース不安になる。問題の本質にかかわることがある。財務省の佐川元理財局長、力みすぎ。「一切捨てました」「法に基づいてやっています」。これは言うべきことではない。Yes、Noを淡々と言うべき。行政は何をするか。国会で決めたことを粛々と国民の為に実行する。国会での答弁⇒国民の代表である議員に⇒正確に答える。これが崩れるとおかしくなる。
与党もおかしい。「しっかりしろ!」と言えばいい。立法府の信頼を壊してはならない。「しっかり答えなさい!」と与党が言えば、当局も答える。「ウソ」「不正」はいけない。「忖度」は当然。誰でも、企業であれば社長の友人とわかれば、気をつかう。今、世の中の常識が壊れている。
「品格ある国」「品格ある国会」大切。「権力ある世界」怖い。日大アメフト部の問題等。権力があるからこそ「理性」が必要であり、「責務」がある。
今の時代、これからどうするか。江戸時代、食べられる量の人口しかいなかった。地域で大切なこと、そこで生まれた人が、そこで就職できる、就職先がある産業がある、その地域で考えなければならない。その地域を良くする為にどうするか…。地域の人がそこで暮らせる、この人達を受け入れる環境を作らなければならない。1次産業が重要。
「意思のない所」に「発展は無い・物事は成就しない」「この地域をこうしたい」という地域への「思い」「意思」が大切。
時宜を得た講話でした。県政に活かすよう頑張らさせて戴きます。