活動


2018,06,16, Saturday 新県立体育館・アリーナ…高木英一の考え


昨日、新県立体育館についての特別委員会が開催されました。
私は委員として次の意見を提言させて戴きました。(1)今、気運が高まっている高松城天守閣が再建された後、天守閣との景観が溶け合う設計をすべき。(2)MICE等、ソフト面の充実に今から取り組むべき。(3)スペインのビルバオは鉄鋼、造船で栄えていたが、その後、疲弊していた。ビルバオ・グッテンハイム美術館が完成した後、人口約35万人のビルバオは世界から100万人超の人が訪れるようになり復活した。このような成功事例を取り入れるべき、等の意見提言をさせて戴きました。
参考人の筑波大学高橋義雄准教授は、〇新県立体育館・アリーナは『サンポート物語』として、「モノ」の消費から「コト」の消費に注視すべき、「天守閣」の歴史&「アリーナ」の近代・未来への現実を溶け合わせ、活性化に活かすべき。〇ビルバオ・グッテンハイム美術館は高橋先生も行ったことがあり、外観もさることながら、中身も素晴らしい、等の回答を戴きました。
高木英一は★ランニングコストのかからない(海水温度差活用の空調や地中熱の活用等も含む)★収益性の確保、を重視しつつも、完成した暁の高松城天守閣の景観とも溶け合う設計、取り分け高松港に入港する客船からの景観に配慮した新県立体育館とすべき、と考えています。
私は今春、安藤忠雄先生設計の表参道ヒルズを視察させて戴きました。なだらかな坂道に沿って建ち、隣は大正末から昭和初期に建てられた同潤会アパートが建つ表参道ヒルズ、外観は近隣の景観に溶け込むと共に、何と言っても素晴らしかったのは、坂・傾斜を活かした建物内部の設計で、スロープと店舗、そして空間が解け合う見事な、さすが安藤忠雄先生と思う感動する内部・平面&外観設計でした。
県都高松・サンポート高松の活性化に活きる新県立体育館・アリーナとなるよう頑張らせて戴きます。