活動


2018,07,10, Tuesday 高木英一の一般質問…


昨日、香川県議会議員となり27回目となる一般質問をさせて戴きました。
【1】”本県の底力”を本県の付加価値の向上に活かす取り組み 【2】南海トラフ地震への対応について 【3】ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の取組みについて 【4】新県立体育館を含め、本県において地中熱エネルギーを活用する考え 【5】ICT教育の実施と、未来社会のニーズに合った人材を育成する考え の5項目について、知事、教育長に質問させて戴きました。
少子高齢化時代を迎えている本県にとって大切なことは、そのような社会を支えるに足る経済力を維持することです。日本の一人当たりDGPは世界第25位で423万円です。日本と似ているスイスは世界第2位で887万円と日本の約2倍です。いかに一人当たりの生産性が高いか、と言うことです。本県もスイスを学び、一人当たりDGP・生産性を高め、将来の人口減少時代においても経済力を維持し、少子高齢化・人口減少社会を支えるに足る経済力を維持する施策について、提言を交えながら質問させて戴きました。
その他、高木英一の活動報告を通じて報告させて戴きます。質問した項目は、実現されるよう一生懸命、取り組ませて戴きます。
ご意見。ご提言等、何なりとお申し付け下さい。