活動


2018,09,24, Monday 肥前維新博&素晴らしい佐賀市の街づくり


 先日、肥前維新博の見学に佐賀市へ行きました。佐賀と香川県の縁は、牟礼町は寛政の三博士、「柴野栗山」を輩出しましたが、佐賀県は「古賀精里」を輩出、その子「古賀穀堂」が幕末維新時に活躍した藩主「鍋島直正」の指南役だったことから、「古賀穀堂]の方がむしろ有名です。その藩主「鍋島直正」が採った基本は、米沢藩の「上杉鷹山」や備中高梁藩の「山田方谷」と同じで、(1)倹約する(2)借銀を整理する(3)農村を立て直す(4)特産品を作る です。その他、「葉隠」で有名「な山本常山」、森永製菓やグリコの創業者などを含め、多くの偉人を輩出しており、その偉人のモニュメントが街中のいたる所に設置されており、モニュメントを見ながらの散策は疲れを感じさせない学びと楽しい健康づくりになりました。佐賀市の街づくりは宇部市にも勝るとも劣らない、素晴らしい街づくりです。
 肥前維新博は来年の1月19日までですので、是非、行かれて下さい!!