活動


2018,10,13, Saturday 高木英一の一般質問:平成30年9月議会


平成30年10月10日、高木英一は香川県議会議員に就任させて戴いて以来、26回目となる一般質問をさせて戴きました。
質問項目は【1】南海トラフ地震に向けた減災策 【2】EBPM(証拠に基ずく政策立案)への取組み 【3】高松東部・東讃エリアの魅力最大化 【4】Society5.0(
超スマート社会)に向けた教育 【5】ゲーム障害問題への対策 の5項目について、知事、教育長に質問させて戴きました。
香川県の防災拠点となる施設については、三豊警察署の建替えと県庁東館の耐震工事完了で耐震化率は100%となります。また、市町については、9ヵ所の全ての消防本部は耐震化済みですが、市庁舎につては7割程度にとどまっている。また昨年3月に「香川県道路啓開計画」を策定し、災害発生時、迅速かつ速やかに応急復旧活動が出来るよう、対応している。また、被災時の交通ネットワークを確保する為、計画的に幹線道路の強靭化に取組んで行きたい等、知事から答弁戴きました。
教育長からは、教育におけるAI(人口知能)やビッグデータ等の様々な新しいテクノロジーを活用した取組みとしてのEdTech(エドテック)の活用に取組むと共に、実践事例や教材などの情報収集して、今後どのような活用が可能か研究して行きたい等の答弁を戴きました。
ふるさと香川が「日本一住みたい街」になるよう頑張らせて戴きますので、ご意見・ご提言などお申し付け下さい!!