活動


2018,10,16, Tuesday 「高松東部・東讃エリアの魅力最大化」:高木英一の一般質問


10月10日の本会議で、「高松東部・東讃エリア魅力最大化」について質問させていただきました。
来春、高松自動車道の全線4車線化が完成予定です。津田〜鳴門間は100キロ走行が可能で、高松東部&東讃エリアが日本第2の巨大経済圏である京阪神、取り分け神戸・大阪エリアと約2時間余で結ばれます。
屋島西町〜庵治半島・道の駅源平の里”むれ”・房前公園・大串半島・津田の松原など、白砂青松の海岸線や風光明媚な瀬戸の景観が多く残る高松東部&東讃エリアの磨けばまだまだ光り輝くであろう秘めたる宝を活かすチャンス到来です。
浜田知事から「高松自動車道全線4車線化等を踏まえ、高松東部・東讃エリアについては、地元の市や関係団体と連携し、観光資源や地場産品の、より一層の磨き上げを図り、戦略的な情報発信に努めるほか、サイクリングなど、新たな観光素材を活用した誘客に取り組むとともに、産地組合等の販路拡大や認知度向上などに向けた取組みを積極的に支援することにより、その活性化を図って参りたい」との積極的答弁を戴きました。
高松東部出身の香川県議会議員として、今後とも高松東部・東讃エリアの魅力向上による活性化に一所懸命がんばらせて戴きます。