活動


2018,10,28, Sunday 「石」を活かすin蒜山高原


先日、蒜山高原へ行きました。
岡山県も力を入れているのが随所に見られました。蒜山高原には白樺の木があると共に、なだらかな高原ですから、サイクリング&ウオーキングロードが整備されると共に、道沿いの草刈りも十分になされていました。
そして何よりも、キャンプ場の野外公衆トイレはウオシュレット付き様式トイレで、おもてなしの心が十分に伝わって来ました。
写真は、どこで採れたのか、子供たちが遊びたくなる巨石は設置されており、多くの子ども達が石の上で遊んでいました。
これからは地域間競争の時代です。蒜山高原は、地域間競争に勝ち抜くであろう環境整備がなされていました。この学びを、高松東部・東讃エリアの魅力最大化に向けた政策提言に活かさせて戴きます。