活動


2018,11,14, Wednesday 『自治体戦略2040年構想と地方自治』in東京


昨日「第18回都道府県議会議員研究交流大会」が東京で開催されました。
私は平成23年に香川県議会議員に当選させて戴いて以来、毎年、出席しています。今回の基調講演は東京大学先端科学技術研究センターの牧原出教授で、基調講演のテーマは『自治体戦略2040構想と地方自治』でした。2040年は団塊ジュニア世代が65歳を迎える年で、高齢化の大きな山をどう乗り切るか。2040年、東京圏は若者を吸収すると同時に、医療・介護サービスの能力を超える多数の高齢者を抱える。一方、地方は人口減が深刻であり、空き家が点在するスポンジ状態となる。牧原先生は、2040年頃にかけて迫りくる日本の内政上の危機とその対応を考えるという観点から【1】若者を吸収しながら老いていく東京圏と、支え手を失う地方圏 【2】標準的な人生設計の消滅による雇用・教育の機能不全 【3】スポンジ化する東京圏と朽ち果てるインフラ という3つの危機を指摘されました。
また、第32回地方制度審議会も、「人口減少が深刻化し、高齢者人口がピークを迎える2040年頃から逆算し、顕在する諸課題に対応する観点から、圏域における地方公共団体の協力関係、公・共・私のベストミックス、その他の必要な地方行政体制の在り方について、調査を求める。」としています。
○行政マンが減ってくると、ゆっくりと考えることができるのは議員。○量的な下降を、質的に補う。○被災地においては、「尊厳」と言う概念が提案されている。どう地域の「尊厳」を考えていくか。○公・共・私のベストミックスは、価値により左右される。
2040年に向けて今後、県と市町村の垂直的連携、県と市町村のガバメント(支配・統治・政治)・ミックスが重要となるであろう。その為にも、バックキャスティング(未来のある時点、即ち2040年の状況を予測し、目標を設定し、そこから振り返って,逆算して、今すべきこと、現在すべきことを考える手法)による政策立案と実行が重要である、と学ばせて戴きました。
この学びを本県における議員としての政策提言に活かさせて戴きます。