活動


2019,01,19, Saturday 韓国併合35年間に…


徴用工問題、自衛隊機へのレーダー照射問題などいろんな課題・問題が発生しています。1910年、明治政府は韓国を併合し日本が35年間統治しました。
その歴史を振り返ってみますと、〇1911年の朝鮮の予算は当時の金額で3565万円で、朝鮮国内からの税収は1330万円で、不足額は日本が35年間、負担し続けました。〇併合35年間に朝鮮半島に10億本以上の植林をしました。〇朝鮮併合時の平均寿命は24歳でしたが、1942年には45歳迄伸びました。〇1910年の人口は約1312万人余でしたが、1944年には2512万人と1200万人増えました。〇併合前、水田は84万町歩が1942年には177万町歩と2倍以上増えました。〇100に満たなかった小学校が約6200校になり、識字率も10%弱から65%に増えました。〇併合時、約20万人だった鉄道利用者が、日本が鉄道を整備したので1億人以上になりました。35年間の日本の併合時に、日本も反省しなければならないこともありますが、韓国のインフラ、教育等の向上に寄与したのも事実です。
1965年、日韓基本条約が締結されました。その時の韓国の国家予算は当時の金額で3.5億ドルでした。日本の援助は無償援助3億ドル、有償援助2億ドル、民間供与2億ドルと、韓国の国家予算の2.2倍余の援助を日本はしました。その為、韓国は「漢江の奇跡」と呼ばれる経済発展をしました。
私がネットで知った史実です。そろそろお互いが友好発展する関係になりたいものです。