活動


2019,03,24, Sunday 断トツの文化・芸術力の大切さin直島


先日、久しぶりに直島へ行きました。
まず、高松港発直島行きのフェリーは朝の始発と言うこともあって、私の乗用車はやっとのことで乗れました。一般乗客は外国人観光客と若い女性が多く、直島は瀬戸内国際芸術祭が始まる1か月半以上前ですが、多くの来訪者であふれていました。
『断トツのアート(文化・芸術)の力で香川を日本一住みたいまちに』と言う香川県が掲げる標語どおりの直島の賑わいでした。「人口減少をカバーするのは入込客増を図ること」と言われて久しい中、直島の成功事例は大いにこの言葉の正しさも理解できました。
私は昨年来、『高松東部エリア&東讃エリアの魅力最大化』に取組んでいますが、直島の賑わいに接し、この取組みをより積極的に進めなければならないと強く心に誓いました。