活動


2019,04,01, Monday 『令和』の時代…


明治維新から太平洋戦争突入迄74年、太平洋戦争終結から『令和』が始まる時代まで74年が経ちました。
明治維新を成功に導いたのは、江戸時代の寺子屋教育にあった。この教育のおかげで明治維新が始まった時、日本人の識字率は60%を優に超えていた。このことが明治維新を成功に導いた。日本は日露戦争後、「負」の事実を省みることなく前へ前へと突き進んだ結果、太平洋戦争に突入し、結果約310万人の老若男女の命を失った。
太平洋戦争後、1980年代には「Japan as No-1」と言われるまでの経済成長を成し得たのは、日本人の学習意欲と読書習慣にあった。その後「失われた20年」を経て今日に至り、「結愛事件」など多くの幼児・児童が犠牲になる事件が多発しているのは、読書習慣など良い習慣を失い、ネット&ゲーム依存に陥った結果ではないかと思われます。
『平成』の時代から『令和』の時代へと移ろうとしている今こそ、新しい『令和』の時代をどのような時代にしなければならないか、今を生きる私達は真剣に考えなければならないと思います。「読書習慣」の児童・生徒への習慣づけも含め、高木英一は香川県議会議員として、真剣に学び・検討し、EBPMの手法で政策立案し、提言し、『令和』の時代に歩むべき道を確かなものとすべき、全力投球させて戴きます。