活動


2019,05,16, Thursday 地方はチャンス!…


日本自治創造学会のセミナー受講報告第2弾は、宮崎県新富町で街づくりに取組まれている「(財)こゆ地域づくり推進機構」の斎藤潤一先生の講義でした。
「一粒1000円のライチが生んだ奇跡」については、今、日本で食べられているライチは殆んどが小粒の台湾産です。もちろん美味しいですが、一粒1000円の新富町産のライチは、粒が大きく美味で、ゴルフボールの大きさだそうです。
日本には今、1700余の自治体がありますが、何もしなければ896の自治体の消滅が予測されています。その様な中、「この財団で,日本一チャレンジしたくなる街をつくる!」の意気込みで、?ビジネスの仕組みを地域に入れる〜笑顔とお金、地域には両方必要〜。新富町の人口約17000人。人口17000人なら17000のビジネスの創り方がある。
『稼げる地方・自立した地域づくり』を目的に観光協会を解散し、こゆ地域づくり推進機構を設立し、「世界一挑戦しやすい町」をビジョンに掲げ、取り組んでいる。その結果、農業ベンチャーが本社を移転してくるなど、補助金に頼らない企業誘致・創業も増加した。。
〇産業と教育への投資を続けます。⇒☆教育投資:移住者を呼び込む。大学院大学を作りたい。☆農業ベンチャー集積地&上場企業を目指す。
少子高齢化・人口減少時代の到来にあって、その社会がj抱える課題を乗り切る素晴らしい発想と取組みです。