活動


2019,06,11, Tuesday 中央大学酒井正三郎総長と面談させて戴きました。


先日、私の母校中央大学の八王子キャンパスへ初めて行き、酒井正三郎総長と面談させて戴きました。
私が学生時代、中央大学のキャンパスは神田にありました。卒業後、緑に囲まれた広大な八王子に移転、モノレールも開通し、学ぶには最高の環境でした。酒井総長とは同期で、学部学科も同じ商学部商業貿易学科です。
今回、酒井総長に面談させて戴いたのは、私の地元、屋島、庵治半島、志度湾を含めた高松東部エリアを、CCRCの手法で活かせないか、東京圏に多くいる中央大学の卒業生に、高松東部エリアの素晴らしい環境を、自らの健康の維持・増進、心の癒しエリアとして何とか相互連携の下、活かし、地域を活性化できないかと考えたからです。約1時間の面談で白砂青松の瀬戸内海や30分以内で行けるゴルフ場が6ヵ所あり、プレー費も手ごろである、また、学ぼうと思えば長寿大学等、学びの場も提供できる等、アメリカで進んでいるCCRCは高松東部エリアがふさわしいなどなど、意見交換させて戴きました。
次の機会には、より具体的な提案をさせて戴こうと考えています。