活動


2019,07,18, Thursday 三宅しんご候補総決起大会in高松


昨日、党本部から甘利選挙対策本部長、浜田香川県知事、大西高松市長をお迎えして三宅しんご総決起大会が開催されました。
私は正しい情報に基ずく正直で公正な選挙が大切だと考えています。平成21年夏の総選挙で自由民主党は大敗しました。大勝利した民主党が掲げたマニフェストは◎子供手当を一人年31万2千円支給します。◎平成24年度に高速道路を無料化します。◎普天間基地の移設は少なくとも県外。◎16兆8千億の財源は幾らでも出てくる。等々でした。これを聞いたら有権者は民主党に投票するでしょう。結果は民主党は308議席を獲得し大勝でした。有権者が信じた年31万2千円の子ども手当、高速道路の無料化、普天間基地の県外移設等々、一つでモ実現してくれたでしょうか。ゼロ、皆無でした。このことについて、元民主党の国民民主党、立憲民主党は有権者に掲げたマニフェストが実現出来なかったことに対してお詫びしたでしょうか。ゼロ、皆無です。反省の言葉一つありません。『正直な政治が国民民主党や立憲民主党により危機に陥りつつあります』。
私は牟礼町長時代の経験から、「反対」する時は「対案」を出すべきと考えています。しかし今回の選挙、18歳迄児童手当を15.000円支給します等々、財源の説明することなく、選挙で票を獲得する目的のみで無責任なマニフェストを掲げている候補がいることは古里香川県民として残念で残念でなりません。
少子高齢化が進行しつつある中、「未来の子供たちに負担のかからない社会を継承する」、今を生きる私達の責務です。香川県議会議員として最善を尽くさせて戴きます。