活動


2019,08,13, Tuesday 視察報告:廃棄物を活かすin札幌(株)マテック


環境建設委員会・視察報告:札幌市の(株)マテックは事故車など廃自動車を北海道全道から集め再利用しやすいように解体し、エンジンそのものをエンジンとして再利用したり、部品等に含まれる重金属等を取り出し再利用しています。(株)マテックが処理しているのは年間約2万3.000台ですが、北海道全体では年間約18万台の廃車(事故車を含む)があり、日本全体では年間約330万台の車が廃車になるそうです。
また、(株)マテックは無人資源回収施設「じゅんかんコンビニ24」を開設、古紙や金属製品、小型家電などの資源物を個人のお客様から24時間無人で回収するサービスもされると共に、回収したプラスチック、紙くず、木くずを原料とした固形燃料を、日本製紙に販売する事業もされておられました。
今、日本に入っている機械、部品、エネルギー類などをニーズに合った価格で再利用することが出来たなら、日本は資源大国になります。人口減少、エネルギー革命が起ころうとしている今、全ての廃棄物の再利用、資源化は喫緊の重要な課題です。この学びを活かすよう最善を尽くさせて戴きます。