活動


2019,08,24, Saturday 萩生田光一自民党幹事長代行in東京


先日、参議院議員・防衛省政務官山田宏先生主催の地方議員セミナーに参加させて戴きました。
講師の自民党萩生田光一幹事長代理の講話は、◎「豊かな国」とは、0歳からいつでも赤ちゃんを預けられる国が幸せではなく、予約制にして、0歳代は母親がめんどうをみる。1歳から預けられる?これが真の幸せである。◎平成の大合併、最初は反対だった。しかし国会に来て思ったこと。やはり平成の大合併は正解だった。余りにも自治体間の差が大きすぎる。◎国は市町村区の大卒職員が22歳で入庁してからの8年間で、災害等に役立つ国家資格制度を作った。資格を取って一人二役も三役もこなせる職員を養成する。そうすればイザ災害の時に役立つ。[例]西日本豪雨災害時、400台のミスト発生器を送った。しばらくして行くと活用されないままだった。ただタンクに水を入れ電源を繋ぐだけなのに。等々を聞き、国も一人で2役3役こなせる若手職員の養成制度を作るなど、時宜を得た先を見越した取組みをしていると思いました。
海外対応については、日本はカンボジアで3本橋を架けた。おくゆかしい日本は欄干の裏側に日の丸と共に日本の予算で架けたと記した。某国は1本しか架けていないのに大きく見える所に表記した。だからカンボジアの人達は日本が橋を3本架けたことを知らなく、某国のみを評価するそうです。この話を聞き、私も政治の世界に入って16年が経ちましたが、石あかりロード、浜北駐車場、駒立て岩周辺整備、道の駅源平の里むれの整備等々実行してきましたが、知らない人も多く、これからははっきりと実績についても言っていくべきと思いました。
この学びを県政に活かさせて戴きます。