活動


2019,10,06, Sunday 結愛ちゃん事件から思うこと:虐待対応における医療機関の役割と多機関連携


結愛ちゃんが善通寺市に住んでいた時、結愛ちゃんの担当医だった木下あゆみ先生を講師に、表記のテーマで会派勉強会がありました。
〇どうせ私なんて 死にたい 大人なんて信用できない?それでいいよ。大丈夫だよ。つらかったね=存在そのものを受け止める。 〇「困った親」=「困ってる親」 〇早くかかわって「予防」?早く介入することが大切。 〇木下あゆみ先生?「子供の代弁者として仕事をしている」
木下あゆみ先生の提言★現在の「児相・警察・検察」の三者協議に医療機関を入れる。★児相職員の国家資格化、県も専門資格化すべき、そして、2〜3年ごとに移動するのではなく、プライドを持って働ける場に。
1949年の出生数は日本全国で約270万人でした。2018年は約91万8000人でした。ピーク時の1/3です。香川県の出生数は約7300人余でした。未来を担う子ども達の為に?★★★「チャイルドファースト」の社会に!