活動


2019,10,09, Wednesday 自衛隊の現状と課題:河合一等陸佐


本日、河合龍也一等陸佐を講師に防衛議連の勉強会がありました。
中国の国防費約20兆円(20年前の11倍)で、尖閣諸島、台湾、チベット、南シナ海という中国の核心的利益と重大な関心事には妥協しない。今の日本は、インド・太平洋地域を最優先地域と位置付けている。近隣国の兵力は、韓国62.8万人(人口4900万人)、北朝鮮119万人(人口2500万人)、中国230万人(人口13.7億人)で日本は22万人(人口1.26億人)です。戦車の数は韓国2400両、北朝鮮3500両、中国7200両、日本690両です。国力に影響する要因は★人口★科学技術★国民の教育水準★経済力(生産力)★地理(資源等)です。
ポーランドの軍人が言った。「自衛隊は素晴らしい。来た時と帰る時の数が同じ」。今の課題、日本の防衛予算は約5.2兆円(GDOの1%)で、42%の2.2兆円が人件費・食糧費、装備品8000億円、訓練・活動費1兆円、基地対策費4000億円で、戦闘機、戦車、護衛艦など装備を充実させたり買う予算がない。
将来世代が安心して住める国であり続ける為に、国民が真剣に考えなければならない課題です。