活動


2019,10,15, Tuesday 南海トラフ地震は必ず起る!


昨年、南海トラフを震源地とする巨大地震の30年以内での発生確率が70%から70〜80%に引き上げられました。
先日、京都大学の地質学者の講義を聞く機会がありました。先生曰く、室戸岬の近くに室津港がある。日本の地震の多くは、北米プレートやフィリッピンプレートがユーラシアプレートに入り込み、その反発から発生する。室津港には、その時に隆起した隆起跡があり、1707年の宝永地震時は約2メートル余の隆起跡が、1854年の安政地震時には1メートル余の隆起跡がある。1605年の慶長地震時からのグラフを観察すると、次の発生はb2035年になる(高木英一の考え)。
このような学びから、30年以内に70〜80%の確率での南海トラフ地震の発生は信憑性があると共に、過去の発生事例から、南海トラフ地震発生の前に、静岡を襲う東海地震、愛知・三重を襲う東南海地震が発生しており、この3連動地震が一番怖いと思います。
もし、南海トラフ地震が発生した場合、香川県で一番津波高が高いのが志度港3.8メートルです。庵治港、高松港は2.8メートルです。地震発生時には速やかに高台に避難されて下さい!!