活動


2020,03,30, Monday 海外からは高い評価=日本、しかし課題も…


イギリスのBBC放送が2006年から33か国、約4万人を対象に実施した世界各国の評価についての世論調査結果では、「世界に良い影響を与えている国」として、日本は2006年から3年連続で1位になりました。最新の2017年はカナダ、ドイツに次いで3位で、日本は世界から非常に高い評価を得ています。
その日本を日本人はどう評価しているのか、最新の2013年の調査では、日本人が日本を肯定している割合は45%でした。これに対して他国では、カナダの84%を筆頭に、中国、アメリカ,、フランス、ブラジル、ドイツ、韓国は60%以上です。
ま、た日本財団が2019年に行った「国」や『社会」をテーマに行った「第20回18歳意識調査」はもっと深刻で、対象はアメリカ、イギリス、ドイツ、中国、韓国、ベトナム、インド等9か国の17〜19歳、各1000人の若者です。「自分を大人だと思う」と答えた若者は、中国、インド、ドイツ、イギリス、アメリカがほぼ80%以上を占めるのに対し、日本は29.1%と最下位。「自分は責任がある社会の一員だと思う」は、他国が90%前後なのに対し、日本は44.8%と最下位。「将来の夢を持っている」は、他国がほぼ90%以上に対し、日本は18.3%と最下位。
月刊致知4月号は、見えてくる課題は、若者の意識の低さの原因となっている教育の在り方と、私たち大人が生み出した負の遺産の迅速な解決にある、と記しています。
『教育』は全ての礎です。誇れる真の歴史教育と共に、理系教育を含め、社会の課題解決に不可欠の教育が重要だと考えます。