活動


2020,09,15, Tuesday 自助・共助・公助〜菅義偉総裁が掲げた言葉…


自由民主党総裁選挙において『自助・共助・公助』は菅義偉総裁が掲げた言葉です。
菅義偉候補は『自助・共助・公助、そして「絆」、規制改革』を掲げ、「まずは自分でやってみる。そして地域や家族がお互いに助け合う。そのうえで政府がセーフティーネット〈安全網〉で守る」と訴えました。岸田文雄候補は『論語と算盤』を掲げ、「個人に優しい、公益にも資する持続可能な資本主義を考えて行かなければならない」と訴え、石破茂候補は、『一人一人に居場所があり、一人一人が幸せを実感できる国』を訴え、「地方にも雇用と所得がある。そういうことが新しい社会だ」と語り、東京一極集中の是正を訴えました。9月13日の読売新聞でこの記事に接し、3候補の訴えは全て素晴らしい。その中でも大差で総裁に選ばれた菅義偉候補の訴えが、新型コロナ禍の中にあって一番わかりやすく、7年8カ月、内閣官房長官として第二次安倍晋三内閣を支えて来られた菅義偉候補・新総裁の実務体験・ご苦労から自然と出てきた言葉だと思いました。
新型コロナウイルス禍にある日本&ふるさと香川県です。一に「自助」、二に「共助」、三に「公助」の考えで頑張り、「絆」を大切にする、そこに時代と社会のニーズに沿った規制改革をすれば、少子高齢化・人口減少社会に会っても必ずや、日本&ふるさと香川県はウイズコロナ&アフターコロナ社会において先進的国家・社会を実現できると思います。〈写真は山田宏参議院議員セミナー後のパーティーにて)