活動


2020,10,01, Thursday 番の州臨海工業団地⇒完売in香川県


 昭和48年頃、神戸市にある川崎重工業(株)の社宅に行きますと、『「番の州」の写真と共に、「坂出工場に行こう」』というポスターが多く張られていました。番の州臨海工業団地はその頃から工場誘致されていた、と思いますが、今般、売れ残っていた工業用地が「完売」しました。
 新型コロナウイルス禍で、政府も今、海外に展開している日本企業の工場を国内回帰して戴き、サプライチェーンを安定したものにしようとしています。その様な中、姫路市に本社がある新型コロナウイルス感染症対策に有効なニトリルゴム手袋の最大手・ショーワグローブ〈株)が番の州に国内初の工場を新設予定となりました。税収効果は年間1億2千万余、雇用は300人の予定です。
それ以外に、福山市に本社がある〈株)ハローズが物流センターを、丸亀市の竜王金属〈株)が新工場を建設する為、番の州への進出が決定しました。
香川県にとり、長年、売れ残っていた県有地が完売でき、税収効果、雇用効果等により地域経済の持続的発展にとり大変ありがたいことです。
今後、さらなる企業誘致に頑張らせて戴きます。