活動


2020,12,16, Wednesday 『ゼロカーボンシティ』への取組み:高木英一の一般質問


12月11日、高木英一は35回目となる一般質問で「ゼロカーボンシティ」への取組みについて質問しました。
グリーンランドの氷は今、1980年代の6倍の速さで融けており、1972年以降、地球の海面を約1.3センチ以上、上昇させています。昨今の異常気象や超大型台風も正に地球温暖化の影響です。菅義偉総理大臣が、「2050年迄に、温室効果ガスの排出を、全体としてゼロにする」と宣言されたり、小泉進次郎環境大臣が「グリーン社会の実現を目指す」と宣言される中、今議会の一般質問で香川県も「ゼロカーボンシテを目指すべき」と、取り上げさせて戴きました。
知事からは、地球温暖化対策を進めるに当たり、県民の皆さまの意識の醸成を図るうえで有用であり、今後、市町との連携や、経済界の意見交換する、との答弁を戴きました。
この答弁に接し、香川県においても近いうちに「ゼロカーボンシティ」を」宣言する、と思います。今後共、今迄通り、地球環境を回復させ守る為に最善を尽くさせて戴きます。『未来の子供たちに負担の掛からない社会を継承する』為にも…!!