活動


2021,01,18, Monday 2040年に水ストレス…


地球上に存在している水の量は約14億立方キロメートル。その内、人類が取水しているのは年間約4.000立方キロメートル。1950年には1.400立方キロメートルでしたからこの70年で約3倍になろうとしています。
14億立方キロメートルからしますと微々たるものですが、地球上の14億立方キロメートルのうち97.5%は海水です。人類が活用できる真水は2.5%の3.500万立方キロメートルで、その内の1.7%は南極や北極の氷河や万年雪、そして0.8%弱は地下水の状態で、人類が取水しやすい河川や湖沼等にある水は、地球全体の0.01%の10万立方キロメートルです。
人類が取水している年間4.000立方キロメートルの内訳は、農業用水が約70%、工業用水が19%、生活用水が12%です。国際エネルギー機関の予測では、2040年には年間約4.400立方キロになる予測です。
真水利用率が高いことを「水ストレス」と言いますが、今後、水ストレスが高まって行くとの予測があり、世界では北アフリカや中東の砂漠地帯、アメリカに西海岸から西部にかけて、中国北部と中部、インド等で、日本では東京都東部、横浜市、川崎市、岡山市周辺等が水ストレスが固くなると予測されています。
その他、バーチャルウオーター(仮想水)の問題、即ち、日本が輸入している牛肉、豚肉、鶏肉、野菜、果物等には生産国で多くの真水が使われています。
そのようなことから、今後、水の消費効率を上げたり、廃水の浄化による再利用などを積極的に推進する必要があります。
〜データで分かる 2030年 地球のすがた〜より