活動


2021,02,27, Saturday コロナ禍で大切な事⇒『くれない族』にならないこと!


私が約25年余、定期購読している月刊致知からの今日のメール情報は『くれない族』についてでした。
「〜をしてくれない」と言い始めた時から、既に老化が始まっている。作家の曽野綾子さんは、青年でも中年でも「〜をしてくれない」と言い始めた時から精神的な老化が進んでおり、危険な兆候であると指摘されています。
曽野綾子さんの言う「〜くれない族」にならぬよう心したいものです。
昨年11月現在で、令和2年度の新規国債発行額は当初予算の32.6兆円、第二次の補正予算で57.6兆円、合計で90兆2千億円です。来年度から団塊世代が75歳の後期高齢者になり始め、2025年度には全員が後期高齢者になります。社会保障給付費も今年度は約127兆円ですが、高齢者がピークを迎える2040年には今の約5割増の約190兆円に達する予測です。
このような現実と時代予測にあって大切な事は、『未来の子供たちに負担の掛からない社会を継承する』ためには菅義偉総理が掲げられているとおり、『自助、共助、公助そして絆』、そして第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディが発せられた言葉『Ask not what yuor countory can do for you:;Ask what you can do for your countory!』(国家に何をしてほしいと求める事なかれ!国家に何ができるかを考えたまえ)、即ち曽野綾子さんのおっしゃられる通り、「〜をしてくれない」という『くれない族』にならないよう頑張ること、このことが新型コロナウイルス禍を乗り切り、早く日常に戻すために大切だと、改めて学ばせて戴きました。