活動


2021,08,18, Wednesday ため池&里海を活かしあう活動『かいぼり』in淡路島


淡路島で『ため池&里海交流保全活動』が始まっています。
淡路島には、約2万3000ヵ所ため池がありますが、農業従事者の減少と高齢化により、ため池の適正な管理が難しくなっています。そこで、、洲本土地改良事務所では、「ため池&里海交流保全活動」を始めています。
【農業】高齢化と後継者不足でため池管理が困難になり、樋が使えなくなる等の機能不全に陥るため池が増加しています。【漁業】海水に含まれる栄養塩が年々低下。漁獲量の低下やのりの色落ちが深刻化しています。
そこで、淡路島では平成20年から農業者と漁業者が連携して『かいぼりを』を行う「ため池&里海交流保全活動」を実施しています。この活動は年々拡大し、活動が高く評価され、平成30年度には「第2回インフラメンテナンス大賞」の「農林水産大臣賞」を受賞しました。
私は高松市牟礼町原で2反、コシヒカリを栽培しています。水田に池の水を入れる為にコックを開きますと、どす黒くて臭い水がしばらく流れてきます。また、香川用水が来ていない為に多くのため池は、高徳線の近くに造っている水門から常時、川の水を池にポンプアップしている為、時にはアオコが発生しています。
常時、ポンプアップしている為、志度湾に山からの水、すなわ森のミネラルが流れ込まない為に、ポンプアップする前に比べると海水に含まれる栄養塩が減少していると思います。そこで、米作等に必要な池毎の必要水量を確保した上で、コメの収穫後に池の水を抜き、ため池の適正な維持管理である『かいぼり』を実施すれば、ため池に溜まった山の栄養分(腐葉土)を海へ供給することに繋がる為、農業者と漁業者の協働活動になります。素晴らしい活動です。