活動


2021,10,29, Friday 麻生太郎副総裁来るin志度


総選挙で香川2区の瀬戸隆一候補の応援に麻生太郎副総裁が来られました。
衆議院議員選挙を何故「総選挙」と言うのか?参議院選挙や県議会議員選挙ではそう言わないのに、なぜ衆議院議員選挙だけ「総選挙」と言うのか、から始まった瀬戸隆一候補の応援演説、それは政権を選択する選挙だからです。
2009年から3年半続いた民主党政権、この時、一番困ったのは就職だった。民主党政権時代1人の就職希望者に対して、あった就職先は0.83社、即ち有効求人倍率は0.83だった。安倍晋三内閣になって景気を回復させ有効求人倍率はMAX1.8迄回復させた。
民主党政権時代の3年半で年金基金は約5兆円減った。しかし安倍晋三内閣になり、この10年間で年金基金は196兆円になり、約80兆円増やした。改善・改革があって初めて国民生活も良くなる。
今、立憲民主党は共産党と組んで選挙をしている。共産党は自衛隊反対、日米同盟反対等言っている。その政党と組むという事は、北朝鮮問題、尖閣列島問題、中国と台湾の問題、10隻のロシア軍艦と中国軍艦が最近、津軽海峡を通過し太平洋を南下、鹿児島県の大隅海峡を通過し東シナ海に入った現実に接し、日本の安全保障をどうするのかなど、麻生副総理の応援演説を聞き、正に今回の総選挙は「未来選択選挙」であると思いました。
「総選挙」は正に国の安全、繁栄、未来を誰に、どの政党に託すのかを選択する大変重要な選挙です。是非、投票に行かれて国の未来を選択されて下さい!!