活動


2009,07,31, Friday 市議会議長会のセミナーが開催されました


7月30日、『議会基本条例』についての香川県市議会議長会主催のセミナーが東かがわ市で開催されました。
私は、議会基本条例や自治基本条例は、議員は議員としての、首長は首長としての、住民は住民としての義務と責務を明確にすること、そしてその義務と責務を果たすことにより共働・協働のまちづくりに大きな意義があると捉えています。ですから議会基本条例における『執行部側の反問権』は当然与えるべきと考えています。
合併前の牟礼町長時代、課長会で『皆さんの言っていることは間違っていないのだから、反論すべきは反論すべき、その責任は最終責任者である町長の私がとるのだから』と言ってもなかなか反論しようとしないのが現実でした。逆の立場となった今は、質問する以上、答弁者と同等の学びと研鑽が大切と考えています。
これからも学びと研鑽を大切にながら元気なまちづくりに取り組んで参ります。

2009,07,20, Monday 運動場の芝生化〜牟礼北小学校


高松市立の学校としては初めて牟礼北小学校の運動場に芝生が植えられました。
鳥取方式での芝生化で今、全国的に広がりを見せているところですが、これまで学校と保護者、地域が一丸となって取り組んだその努力には頭が下がります。
このすばらしい牟礼北小学校の学校と保護者と地域が一丸となった子供たちの教育環境充実のための取り組みは、必ずや他の学校にも広がるでしょうし、私も良いところは他へも広がるよう頑張らせていただきます。

2009,07,16, Thursday 金子国土交通大臣が来高されました


 先日、金子国土交通大臣が来高されました。主な講演内容は、政府の景気対策の為の高松自動車道の4車線化の話で、総額600億円以余が予算化されたとのこと。
私の政治信条『未来の子供たちに負担をかけない社会づくり』からすると、この高松自動車道の4車線化は安全対策と地方への交流人口増対策として納得の行く事業ですが、昨年9月から今年6月までの計三回にわたる景気対策補正予算約50数兆の支出、国民一人ひとりでは、一人40数万円の借金が増えている現実に接しますと、出口、すなわち景気対策の効果予測もしっかりとする必要があると思います。
高速道路の無料化や農業所得補償など、国政の場では無料化とか、選挙対策の話が多く出ていますが、今の日本は800兆以上の借金があることを踏まえて、しっかりとした裏づけのある施策で、安心して暮らせ働ける国づくりをしてほしいと思います。

2009,07,14, Tuesday スポーツ振興を視察(調布市)〜味の素スタジアムにて


7月14日、調布市のスポーツ振興について視察しました。『市民のだれもが、それぞれの体力や年齢、技術、趣味、目的に応じて、身近な地域で気軽に運動を親しめるスポーツ・レクレーションを振興します』という施策の方向の下、施設整備、指導者の養成、学校の運動場の開放など、振興に通じる施策を積極的に取り組んでいました。
平成25年には東京国体が開催され、調布市にある味の素スタジアム(東京スタジアム)がメイン会場になるとのこと。写真はそのスタジアムです。味の素に4年間、14億円のネーミング使用料で貸しているとのこと、そして新宿から京王特急で約15分、今も人口は増えているそうです。しかし将来の高齢化時代の到来予測と共に、市民の健康づくりのため、積極的にスポーツ振興に取り組んでいる事例に接し、私も高松市議会議員として、今回の学びを市政に活かすよう積極的に取り組みます。

2009,07,10, Friday 四季の花ストリートIN京都


京都の四季の花ストリートを見学しました。この事業は一口3万円でスポンサーを募り、その資金で間伐材で花壇をつくり、サポーターが植えたり水やりのお世話をする制度で、間伐材の有効利用と木であるが故の美しさが京都の街路にすっかり溶け込んでいました。
見学していた時、御池中学の前を通り、その設計思想に感動しました。何と通りに面した壁面は石で出来ており、古都・京都の景観に見事に調和していたからです。日本最大の石材産地であり世界有数の加工技術を持つ牟礼・高松も京都の設計思想を取り入れるべきと強く感じました。その実行が50年・100年後にいきると思います。古都・京都のように。