活動


2009,11,28, Saturday 飯綱町の相澤町長を表敬訪問しました


11月26日、旧牟礼町と姉妹都市だった長野県飯綱町を訪問、相澤新町長とこれからの飯綱町と高松市・牟礼町との交流について意見交換しました。
基本的には、民間の物産交流や今、牟礼北小学校さんが取り組んでいただいている子供たちを中心とした交流などを大切にしながら、交流を継続させようということで、意見が一致しました。私もそのために双方の架け橋となるべく頑張らせていただきますので、何なりとご相談下さい。

2009,11,28, Saturday 国の事業仕分け現場を視察しました


11月25日、国の事業仕分け現場を視察しました。
『経営マネジメントは?』『成果目標は?』などと、鋭い質問がある中、官僚の皆様も一生懸命、答えていました。文部科学省の仕分けの中で、研究開発費が削られましたが、私は反対です。理由は、今、六ヶ所村で使用済み核燃料の再利用計画が進んでいます。もし、この技術が確立されますと、向こう600年間、日本はウランを輸入せずに、原子力発電所を稼動させることができます。これからの日本は技術立国を確立すべきです。まちづくり交付金事業にしても、国への審査があるからこそ、地域の将来の発展を考え、未来づくりへの提案ができます。旧牟礼町時代の道の駅”源平の里むれ”と房前公園は正にその良い事例です。
日本の将来世代のことを考えた、賢明な最終政治判断が大切です。

2009,11,18, Wednesday 高松市連合自治会との懇談会開催


 11月17日、高松市連合自治会さんと高松市議会同志会との懇談会が開催されました。
私は、総務消防常任委員長の立場で、全市域におけるこれからのコミュニティセンターの整備の件について、仏生山で予定されている新高松市民病院の移転新築時における公共交通・アクセスなどの件で同志会方針を答弁させて戴きました。コミュニティセンターの件については、選択と集中の考え、仏生山地区のアクセスの件は、香川県との役割を明確にする事と共に、計画と実行のより一層のスピードアップが大切です。
これからも私のモットーである、『未来の子供たちに負担のかからない社会づくり』に全力投球させて戴きます。ご意見など、何なりとお申し付け下さい。

2009,11,18, Wednesday 台北の賑わい


今月はじめ、台湾へASPACアジア太平洋盆栽大会の誘致活動へ行った帰りに台北市へ立ち寄りました。
初めて台湾を訪問し感激したことは、親日家が多いという事でした。そして、台北市のみならず日本車の多いこと、そいて車のナンバーに台湾省というプレートがけっこう多く、中華民国という意識が強いんだな、ということも感じました。写真は台湾で一番高いビルを地上から写したものです。もちろん展望台にも登りましたが、緑と駐車場も多く、都市計画がきちっとできていると思いました。そして、まちには賑わいがあり、蒋介石総統以来、国づくりも順調だと感じました。
これから日本との友好親善、そして2011年に高松市で開催される、ASPACアジア太平洋盆栽博をきっかけとして、高松市と台湾がもっともっと交流が深まればと思います。

2009,11,09, Monday 高松市震災対策総合訓練が実施されました


昨日、高松市震災対策総合訓練が実施されました。
地域方々はもちろんのこと、陸上自衛隊、警察、消防団、高松市の関係部局など多くの方々の参加・協力を戴き真剣に訓練が実施されました。『備えあれば憂いなし』という昔からのことわざ通り、万が一の時には今日の訓練は必ず生きると思います。
今後とも、自主防災組織率100%を目指して頑張らせていただきます。