活動


2010,04,24, Saturday 山田宏杉並区長を訪問しました


一昨日、山田宏杉並区長を訪問しました。
私が牟礼町長として政治の世界に入ったのは平成15年5月1日です。しばらくして山田宏杉並区長の杉並改革『一言申しあげます。』の書物に接し、一度は直接会ってお話させて戴きたいと思っていました。
その思いが実現しました。『人間とはどのようなものか』という人間観と、『日本とはどのような国か』という国家観・歴史観を考えなければならない。政治とは、『国家の運命を切り拓き、国民の幸福を実現するための、崇高な国家経営』であるべきものだ、と言う考え、まさに同感です。
そして今、山田区長は平成12年に940億円あった区債を平成20年に380億円まで減らし、一方、同年に150億円であった基金を500億円まで増やし、1500億円の区予算の10%150億円を毎年積み立て、その運用益で53年後には区税ゼロを目指しています。また職員も4716名から3868名に減らし、単年度で150億円の財源を生み出した。何とすばらしい政策です。
山田区長は中田前横浜市長と共に、日本創新党を立ち上げ、その党首になられました。並々ならぬ熱意と思いを感じた一日でした。

2010,04,18, Sunday 小田急ロマンスカー〜信州を走る


先月、研修視察で小布施へ行った折、小布施から長野市まで長野電鉄に乗りました。高松琴平電鉄の高架化は中止されましたが、地方鉄道の中で長野電鉄は長野市内部分が地下鉄化されています。その手法は長野県・長野市が長野電鉄の軌道敷を購入し、長野電鉄はその資金を車両整備費(地下鉄仕様)と地下鉄工事の負担金に充当し地下鉄化を完了させています。先見の明を感じる決断です。
そこを走っているのが元小田急のロマンスカーです。現ロマンスカーとは比べようがありませんが、町おこしで大変成功している小布施と長野市を結んでいるとあって、魅力が一つ増えたなと思いました。

2010,04,12, Monday はら・はら・はら相撲が開催されました


 昨日、牟礼町原の播羅八幡神社で『はら・はら・はら相撲』が開催されました。20数年も続いている『はら・はら・はら相撲』ですが、少子高齢化の現実を目の当りにしました。
この相撲は、原=はら 腹=はら 播羅=はらから命名した相撲で、始めた頃は、原地区にも子供が多く、大変な賑わいでしたが、当時約350人いた牟礼南小学校も今は250人を割り込む状況で、日本の縮図に思えました。しかし、当初、ご尽力いただいた方々の苦労を生かすためにも『継続は力なり』の言葉どおりとなるよう頑張ってほしいものです。お世話くださった皆さま、ご苦労様でした。

2010,04,12, Monday JR東日本の資金力(ハイブリッドカー)


 先月、小梅線に乗りました。首都圏をメインエリアとするJR東日本だけあって、小梅線でハイブリッド・ディーゼルカーを運行するなど、環境対応に取り組んでいる姿勢に、JR東日本の資金力を感じました。ダイアの関係でハイブリッド・カーには乗車できませんでしたが、高速道路料金の関係で宇高フェリーの存続問題が叫ばれ、瀬戸大橋線の利用者減がニュースになる中、国鉄民営化の時、JR四国や北海道などとJR東日本や東海など、資金力が豊な会社との飛び地合併に取り組んでおくべきではなかったかと、ふと思いました。
人口減少が予測される中、市民・県民・国民の貴重な足である鉄道を守るため、真剣に取り組まなければと思います。

2010,04,03, Saturday よい国つくろう!日本志民会議に参加しました


本日、サンポートホールにて「よい国つくろう!日本志民会議」が開催されました。
主催者は松下政経塾・元塾頭の上甲晃さんで、上甲さんと杉並区長の山田宏さんの講話がありました。主なお話しは、『今の日本の政治の最大の問題点は、将来、日本をどういう国にするのか、あるべき姿が見えてこない』『国家に理念と方針が無い』『「義」を明らかにして、「利」を計らず〜何が正しい道か』など、私も市議として、学びを大切に、真剣に仕事に取り組まなければと決意を新たにしました。