活動


2010,07,28, Wednesday 江戸川区の「子ども未来館」を視察研修


同志会研修で江戸川区の「子ども未来館」を視察研修しました。
今年の4月29日(昭和の日)に開館した、江戸川区の子ども未来館は、一階が子ども図書館、二階が体験学習コーナー、屋上が野菜畑・太陽光発電・風力発電などがあり、まさに子ども達のための学習・体験施設です。とりわけ、子ども図書館には2万冊もの子ども達のための本が偉人伝などジャンルごとに整理されており、このような施設が身近なところに整備されれば、と思いました。
今の日本は、小さい頃から携帯電話に慣れ親しんでいる関係から、偉人伝や日本の誇れる歴史に接する機会が少ないように思います。私はこれからも、確かな未来を創るためにも、江戸川区の子ども未来館・子ども図書館など、子ども達にとっての学びの場づくりに努めさせていただきます。


2010,07,26, Monday 国道11号『歩道拡幅』間もなく完成します。


国土交通省様と高松琴平電鉄様の深いご理解とご協力により、国道11号の歩道拡幅工事が間もなく完成します。
牟礼町は琴電・国道11号・JR高徳線が平行して通っており、一部区間は国道の歩道が狭く、狭いが故の死亡事故も発生しました。私は旧牟礼町からの継続事業である道の駅「源平の里むれ」と房前公園の事業が順調に進んでいることの御礼に国土交通省香川河川工事事務所(森山所長・当時)へ行き、牟礼町の最後の懸案として、写真区間の歩道拡幅についてお話をさせていただきました。用地が無いので無理かとも思っていましたが、国土交通省様と高松琴平電鉄様に深いご理解(意思決定と設計・予算配分)とご協力(用地契約等)戴き、間もなく完成しようとしています。これで、牟礼中学校の生徒をはじめとして、多くの市民の方の安全性が飛躍的に向上します。国土交通省様、高松琴平電鉄様ありがとうございました。

2010,07,22, Thursday 瀬戸内国際芸術祭がスタートしました


七つの島(女木島・男木島・直島・豊島・小豆島・犬島・大島)を舞台に、「アートと海をめぐる100日間の冒険」をテーマに瀬戸内芸術祭が10月31日までの期間で始まりました。
ベネッセ・ホールディングスの福武聡一郎会長がおっしゃられた「瀬戸内から世界を変える」と言う力強い昨秋のキックオフイベントでの言葉が、いよいよほんまもんになろうとしています。私も最近いろんな方々のお話を聞く中で、これからのまちづくり・まちおこしは、文化・芸術・歴史とかみ合った企画・実行が大切だと考えています。今始まった芸術祭、大成功を収める予兆を感じたオープニングイベントでした。

2010,07,11, Sunday 磯崎仁彦候補、初当選おめでとうございます。


参議院議員選挙、香川地方区で磯崎候補が初当選を飾りました。おめでとうございます。
磯崎候補は全日空の部長職を投げ打ち、自らの退路を絶っての立候補、氏の勇気ある選択には敬意を感じていました。多くの香川県民は、その勇気と日ごとに成長を感じる氏の政策・考えを評価したものと思います。
これからの選挙の行く末、あり方が出た選挙であったように思います。マニフェストを守る、すなわち、掲げた政策、自らの言葉に責任を持ち、有言実行の政治が大切です。この事は選挙で選ばれた政治家の責務だと思っています。

2010,07,10, Saturday 杉並区の欅(ケヤキ)ロード


杉並区にすばらしい欅並木(写真)があります。
以前、夏の金沢を訪れた時、市の中心部に欅の大木がありました。金沢市は第二次大戦の時、アメリカ軍の空襲を受けていないので欅の大木があることを知りました。夏だというのに、欅の大木の木陰は清涼感を感じました。高松市においても市役所の前から高松高校・図書館に至る道に欅が植えられていますが、その欅が大木となり、金沢や杉並の欅並木のようになるんだなあと思うと、政治・まちづくりとは正に「未来づくり」であり、ドイツの熱血宰相・ビスマルクの言葉どおり「政治とは可能性の芸術」だなあと思います。
ご意見など、高木英一にお申し付け下さい。