活動


2011,12,18, Sunday 香川県の警察署:年末警戒


12月14日15日に、私は香川県の中・東部を管轄する高松北警察署をかわきりに、7警察署へ、年末警戒の慰労をかねて訪問しました。
ご時勢に漏れず、各警察署の署長さんの話を聞いていますと、1例では、投資詐欺(振込み)の事案でした。この事件は、詐欺師が高齢者をねらって投資話を持ちかけ、その話が訴えられている。あといくら出せば話がつくので、どこどこに振り込むように、という新手の振込み詐欺事件です。しかし、不審に感じた銀行員の機転で、振込みは未然に防止されたそうです。
この話を聞き、世の中、うまい話には必ず裏がある、ということを学ばせて戴きました。

2011,12,10, Saturday 八栗保育所の発表会


八栗保育所の発表会に行きました。
牟礼町時代から9回目です。発表会に参加して、歌・遊戯など、お父さん・お母さん・おじいさん・おばあさんなどで、遊戯室は超満員でした。「人として生まれて初めての学びの場」が保育所であり幼稚園です。0才児から参加する八栗保育所の発表会、何回行っても、先生方と保護者・地域の方々が「子供たちのために」という合言葉の下、一生懸命頑張っているな、と感じます。
笑顔いっぱいの子供たちの頑張りに、元気をもらった一日でした。

2011,12,06, Tuesday 坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓参りをしました


先月、坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓参りをしました。
『世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る』:坂本龍馬 『敬天愛人』:西郷隆盛 『至誠にして動かざるもの有らざるなし』:吉田松陰 私はこの言葉に感銘します。
明治維新時、坂本龍馬など多くの20代30代の幕末の志士が育った。世界の歴史でこれほどの人物が多く出てきた例はありません。それは武士道や儒教などを教え・伝え・育てる吉田松陰など、多くの師が出て来、その教え・指導の下に多くの、世のため人のためには我が命をも顧みずに尽くし尽くた志士が出てきたことにあると思います。今の日本、何か欠けています。政治家が自らの責務を理解し行動すべき時だと思います。
私、高木英一は、「経世済民」の言葉を理解し、政策に活かすよう頑張らせて戴きます。