活動


2012,07,25, Wednesday 豊かな東京:乗馬クラブin明治神宮


先日、東京へ行き、小田急の駅から明治神宮へ行きました。神宮西門に隣接してあったのが乗馬クラブです。
乗馬クラブといえば普通は、郊外の山裾にありますが、さすが日本の首都「東京」です。明治神宮に隣接して立地していました。
少子高齢化、経済のグローバル化などなど、今の日本は抱えている課題が山積です。所得格差も拡大傾向にあります。安定的な持続可能社会の継承には、歴史や現状と将来を予測した確固たる政策を立案し、プラン・ドウ・シーの繰り返しによる、政策の実効性の有る実行が大切だと思います。
頑張ろう日本、可能性はまだまだあります。

2012,07,17, Tuesday 北朝鮮による拉致被害者、救出署名活動


先日、丸亀町ドームで北朝鮮により拉致された横田めぐみさん初め、多くの拉致被害者を救出すべく、署名活動をしました。
「あめと鞭」で北朝鮮に臨まなければならない、という安部晋三元総理が昨年発せられた言葉が印象に残っていますが、民主党政権は、政権を担っている以上、拉致された日本人を救出する重い責務を背負っていることを理解した上で、可能な限りの行動を伴う仕事をしてほしい、と思います。
署名活動をしていて残念だったことは、拉致の事実や正しい歴史を教えられていないのか、10代20代の若者に無関心の人が余りにも多かったことです。
誇れかつ正しい日本の歴史を教え継承していくことが大切だと思いました。

2012,07,11, Wednesday 新県立中央病院


昨年の3.11東日本大震災で、地震による液状化被害が千葉県浦安市などで発生したことを受け、その対策の為、一時工事を中断していた新県立中央病院の工事が順調に進んでいます。
完成は平成25年度末の予定です。総工費は約250億円で、駐車場台数は約800台です。地震(液状化)対策としては総額約11億円で、建物周りや駐車場の液状化対策として地盤改良を施す他、築山の嵩上げ、防災棟を建設します。
最新の技術で施工されている10階建ての新中央病院が日々、雄姿を現しています。

2012,07,04, Wednesday 海軍特年兵の慰霊碑


先日、原宿の東郷神社境内にある海軍特年兵の慰霊碑を参拝しました。
数年前、東郷神社を参拝した時、偶然、慰霊碑と出会い、第二次世界大戦中に海軍特年兵(14才〜16才)が集められたことを知りました。昭和17年の一期生3200名、昭和18年4000名、昭和19・20年各5000人で総勢1万7200名が特年兵となりました。戦場での健気な勇戦奮闘ぶりは「昭和の白虎隊」と評価された反面、幼いがゆえに犠牲者も多く、約5000名余が幼い命を落としました。その内、2万3000人が玉砕した硫黄島の戦いでは、何と3800名もの特年兵が含まれています。
この歴史をしっかりと認識し、平和の尊さを継承し続けることが大切です。