活動


2012,08,25, Saturday 自民党参議院選挙候補(香川県)が決まりました。


本日、来夏の参議院選挙香川選挙区の候補が決まりました。
三宅伸吾さんは○さぬき市志度出身 ○高松高校、早稲田大学卒業後、日本経済新聞社記者を経て今回、自民党香川県連の公募に応じ、本日開かれた選考委員会で決まりました。 第一回投票(有効投票209票) 三宅伸吾 79 宮本洋延 0 山田正芳 28 木村義雄 85 篠崎令子 17 過半数獲得者がいなかった為、決戦投票 三宅伸吾 120票 木村義雄 89票となり、来夏の参議院候補に三宅伸吾さんが決定しました。
国家の土台は「教育」と「経済」「自助なくして公助なし:自立心を育てる為、幼小時代から自助自立の大切さを植えつけるべし」などなど、訴えたこれからの日本が取り組むべき政策・施策が支持された結果だと思います。

2012,08,22, Wednesday 離島航路の課題in鹿児島県


先日、鹿児島県の甑島・鹿児島県庁へ行き、離島航路の維持に関する視察研修しました。
甑島は鹿児島県の北西に位置し、平成16年に川内市と合併、薩摩川内市になりました。今は、隣の串木野港(串木野市)からフェリー、高速艇が出ていますが、数年先の新造に合わせて、高速艇は川内港からの航路となる予定です。国、鹿児島県が離島航路の補助金を出し、航路すなわち島民の足を守っています。しかし、甑島は今、南甑島と中甑島は橋で結ばれており、現在約200数十億で北甑島との間に橋が建設中です。海もきれい、景観も抜群、あわびなど海の幸も豊富ということで、交流人口増の施策が一所懸命なされようとしていました。
香川県の場合、SETOGEIにて約94万人の方々が七つの島を訪れており、来春からの第2回SETOGEIを成功させ、離島航路の活性化にも活かす施策とSETOGEIのない年も来訪したくなる、アートや食を通じた継続的おもてなしの実行が今、求められています。

2012,08,17, Friday 世界一の高原姉妹:高松市出身


今月、パリで開催されたバトントワリング世界大会で高松市新田町出身の高原あやの(15才)ひらり(13才)姉妹が金メダルを獲得、昨日、香川県の天雲副知事と細松教育長に優勝報告をしました。
ロンドンオリンピックでは、残念ながら香川県出身の選手はいませんでしたが、同時期、フランスで開催されたバトントワリングで香川県出身の高原姉妹(現在PL学園高校、中学に在籍中)は見事、金メダルを獲得、香川県に勇気とやればできるという自信を与えて下さいました。
ありがとう高原姉妹、これからも金メダルの連覇を目指してがんばって下さい。(香川県副知事応接室にて)

2012,08,10, Friday 子育て支援〜保育所関係


保育所の人員、設備、運営等が条例化されようとしています。
?非常災害対策の具体的計画の掲示義務 ?研修の機会の確保 ?記録の整備 ?福祉サービスにおける外部評価等の実施 ?給食における地産地消の実施 ?災害時における他施設との連携・相互応援体制の構築 が検討されています。
人口減少化、子育て支援は重要な施策です。若い夫婦のニーズに合いつつ、社会の現状と努力目標を掲げた施策の実行が今、求められています。
(写真はいち早く幼保一体化された「はらこども園」)

2012,08,08, Wednesday 豊島美術館in豊島


先日、ベネッセコーポレーション、福武総一郎会長のご尽力により開館された豊島美術館を訪問しました。
『瀬戸内から世界を変える』。三年前の秋、サンポートホールで開催された、第一回瀬戸内国際芸術祭についての会で、福武会長の前段の言葉に接し、私は感動と共に、福武会長の並々ならぬ決意と瀬戸内の美とすばらしさを誰よりも強く早く感じておられる思いを感じました。
豊島美術館に行き、そのすばらしさに感動しました。そして、美術館を設置するにあたり、耕作放棄となっていた棚田を再度整備し、見事に甦らせ、稲穂のたれている棚田に接し、まさに福武会長には自然と頭が下がります。