活動


2013,02,27, Wednesday アベノミクスを活かす:国会議員の意見・考え


先日、議員会館に行き、磯崎先生や秘書の方々と意見交換してきました。
アベノミクス、「大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略」を掲げて、日本を立て直しつつある今の日本。ふるさと香川においては、災害が少なく、香川の弱みであった水も、早明浦ダム、池田ダム、香川用水の機能によりほぼ解決し、これからは積極的に香川の強みを活かす施策を実行すべき。よくぞ安倍晋三総裁が日本の首相になって下さったものだ。安倍総理はおじいさんの岸信介元総理の血を引いているから、今の日本においては最適の総理である、などの意見交換をしてきました。
戴いた意見・お考えを県政に活かすよう最善を尽くさせて戴きます。

2013,02,26, Tuesday 三越本店の威容


先日、東京日本橋の三越本店へ行きました。写真のように、全体が吹く抜けになり、巨大なモニュメントが設置され、設計・企画・意思決定された方の発想と器の大きさを感じました。
間もなく、香川県では第二回瀬戸内国際芸術祭が、前回の七つの島に西讃の五つの島を加えて始まります。動員目標は100万人(前回の来場者は93万8000人)です。三越本店のモニュメントに接し、アートやまちづくりには、この三越本店ではないですが、度肝をぬくような企画も必要か、と思いました。


2013,02,18, Monday さいとう健先生と意見交換


「転落の歴史に何を見るか」の著者、斎藤健先生と政治の課題等について意見交換してきました。
以前の活動報告でも書きましたが、牟礼町時代、私は偶然、さいとう健先生の書かれた「転落の歴史に何を見るか」を読み感動しました。日露戦争からノモンハン事件に至るまでの歴史を忠実に分析されていたからです。しかも、書かれた年齢が40才頃で、日本の若手官僚にこんなすばらしい人材がいるのかと感心しました。
○これから安全保障がより一層重要になる。○日本の農作物は安全で美味:空港の近くに国際青果市場を作り、外国人の仲買も可能に。○日本を取り戻すには安倍総理しかいない。など意見交換してきました。

2013,02,08, Friday フィレンツェの路面電車


イタリアのフィレンツェの路面電車「フィレンツェトラム」を視察して来ました。
フィレンツェ市の人口は約40万人で、市民の4人に1人が観光に従事している。2000年の市議会で、自家用車の利用を抑える為に路面電車を造る意思決定をした。フランスの「パリ交通公団」に企画を発注、今も一人のフランス人経営者が陣頭指揮している。
2003年工事開始⇒2010年運行開始 営業距離7.7?、17編成で、運行間隔は、混雑度により4分・8分・11分としてニーズに合わせることにより、利便性を向上させ顧客満足度を高めている。現在1号線に次いで2号線も工事を始めた。一日約3000台の自家用車の利用が減り当初の目論見どおりとなっている。
パリ交通公団はパリを本拠として香港やソウルなど世界十数カ国で、企画・運営をしているとの説明を受け、香川県においても、まずは持続可能な都市交通計画を策定するために、計画の立案と検証が重要である、そして持続的経営が可能なら、民を含めた資金獲得の手法をも整備することの大切さを学んだ視察でした。