活動


2013,05,30, Thursday 素晴らしい豊島美術館:瀬戸内海から世界を変える!


一昨日、委員会視察で豊島美術館等へ行きました。
多島美の瀬戸の海、棚田、島キッチン、間もなく完成する美術館(横尾忠則さん)など、豊島は昨秋に続いて2度目でしたが、徐々に魅力が増していると感じました。とりわけ豊島美術館、間もなく完成する美術館は、ベネッセ・コーポレーションの福武聡一郎会長の言葉に言い表せない莫大なご尽力によるものです。上杉鷹山の「なせば成る 為さねばならぬ何事も 成らぬは人のなさぬなりけり」。平成21年秋の瀬戸内国際芸術祭のプレイベントで「瀬戸内海から世界を変える」とおっしゃられた福武聡一郎会長の思いと決意が徐々に現実のものになりつつあると感じました。

2013,05,30, Thursday 四国林業活性化議員連盟に出席


先日、徳島市で開催された四国の林業活性化、観光議連等の会に出席しました。
今回で3回目の参加となりましたが、改めて四国は一つにまとまり、お互いの持ち味を生かすとともに、ただ単に四国に新幹線を導入しようとするのではなく、少子高齢化の課題・費用対効果の検討など、新幹線でいえば、JR九州が九州の名勝地等を結んだ豪華列車によるゆとりのある旅企画を新たに売り込み、成功している事例研究など、四県が一つになって課題に取り組む必要性を痛感しました。
アベノミクスで経済を持続的に維持発展させるため、政治による地域の特性に合った政策提言とその計画・実行・修正の繰り返しが大切と考えます。6月議会では県都高松の発展、引いてはふるさと香川の発展につながる政策提言ができるよう頑張らせていただきます。

2013,05,24, Friday 流スタジオにて


庵治半島の東海岸(志度湾)沿い”生の国”に雄大な瀬戸の海を眼下に広がる「流スタジオ」があります。
私は約9年ぶりの訪問でしたが、前回と同じく、現役の世界的彫刻家「流政之先生」の発想の素晴らしさに感動しました。流政之先生は、9・11同時テロで破壊された世界貿易センタービルの一角にあった「雲の砦」の作者としても有名ですが、流スタジオへ行きますと、先生の作品が瀬戸の景観に溶け込み、素晴らしい景観です。
当日は残念ながら曇り空でしたが、曇り空でも素晴らしい作品群と流スタジオです。

2013,05,23, Thursday 小学校の運動会


運動会シーズンです。写真は牟礼南小学校の運動会での入場行進です。新一年生も幼稚園や保育所時代と比べ、たくましくなったなあと感じました。
人口減少社会が身近に迫りつつある今、この子達が社会を支える人になった時、活きて役に立つ、時代の流れと国際化に合った教育が大切である、と痛感するこの頃です。
そういう意味で小学生からの英語教育など、早急に実施するとともに、習っただけでなく社会で通用する英語教育が重要であると考えます。

2013,05,23, Thursday 誇れる日本の歴史〜苦力を救った石垣島の先人


石垣島に唐人墓があります。
ペリーが浦賀へ来航する一年前の1852年、約400人の苦力(クーリー:労働奴隷)がアモイからカリフォルニアに送られる途上、辮髪(べんぱつ)を切られたり、病人を海中に投棄されるなどの暴行に堪えかねて蜂起し、船長ら7人を殺し、操船不能となった船は石垣島沖で座礁し、380人が島に上陸、石垣島の人達は、仮小屋を建て、彼らに住まいを提供した。しかし米国、英国の海軍が3回来島し、厳しい捜索をしたり砲撃を加えた。中国人労働者は山中に逃げましたが100名以上が銃殺され、逮捕され、病没者が続出した。島民は深く同情し、密かに水や食料を提供した。1853年、琉球側は船2隻で生存者172人を中国の福州に送還した。
写真は、石垣島で死んだ苦力のお墓「唐人墓」です。