活動


2013,06,24, Monday NEXT KAGAWAー大型電波暗室


先月、サンメッセ(旧高松空港:林の飛行場跡地)にある、香川県新規産業創出支援センター:ネクスト香川を視察研修しました。
正式名称はEMC総合試験施設で、写真は、大型電波暗室です。電子機器等の電磁波に関する特性を計測するためにEMC総合試験施設として、大型電波暗室及び関連計測機器等を開放型施設として提供することにより、企業等の新技術・新製品開発を支援しようとするものです。
サンメッセには、この施設以外にもいろんな施設や経営支援のソフトを用意していますので、何なりと相談されて下さい。

2013,06,16, Sunday 稲の直播き栽培


高松市牟礼町にて、稲の直播き栽培が行われています。
稲は苗づくり=苗代(今は苗箱)⇒シロカキ⇒田植えの手順で稲が栽培されていきます。苗づくり、シロカキの手間を省くことができれば、米作りが大いに省力化されます。
昔の経緯などから、田畑の集約化(圃場整備)が進んでいるとは言えませんが、農業を守っていくには、稲作であれば、まず取り組むべきは圃場整備(パイプライン化も含む)を進め、大型機械の導入を可能にすることです。
それとともに大切なのが、写真のように、農法の進化・工夫です。
ご意見など、お申し付けください。

2013,06,07, Friday 自民党香川県連の総会が開催されました


政権奪還して、早や半年が経とうとしています。
「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」、この三つのアベノミクスにより、円も妥当なレートとなり、株価も乱高下はあるものの一時の株安状況を脱却し、希望の持てる社会が復活しようとしています。
そのような中、自由民主党香川県連大会が開催され、7月21日(日)投票予定の参議院選挙における「三宅伸吾」候補への支援を全員で確認したところです。社会保障を維持するためにも、教育を充実させ未来を担う人材を育てるためにも、子育て支援をするためにも、経済がしっかりしていなければなりません。中国や韓国が執拗に日本バッシングをするのも、両国の経済が日本を追い越し、並んだと自信を持ったからです。
そのような中、これから政治の果たす役割は大変重要です。「三宅伸吾」候補を当選させ育てる、私たち、日本社会を築いて来た保守・自由民主党の責務です。経済をしっかりさせ、安全で安心して暮らせる希望の持てる社会づくりのために、高木英一は一所懸命がんばらせて戴きます。