活動


2014,02,17, Monday 信濃路を走る小田急ロマンスカー&新幹線0型と設計思想が同じ八栗ケーブル


「地域を活かす」。信濃路(長野電鉄)を走る元小田急ロマンスカーと第85番札所「八栗寺」と麓を結ぶ新幹線0型と設計思想を同じくする八栗ケーブル(昭和39年12月開業)です。
今年は四国霊場1200年祭です。八栗ケーブルに乗って、夫婦和合と商売繁盛に御利益(ごりやく)のある八栗寺へ是非、参拝されて下さい。
また、牟礼町には「佐藤継信」が眠っていますが、佐藤継信・忠信兄弟の武勇を称えた顕彰碑が建立されている長野県の善光寺に行かれた時は、長野電鉄を走る元小田急ロマンスカーに乗って、まちおこしの成功事例である小布施へも是非、行かれて下さい。

2014,02,17, Monday 高松藩の別荘「御殿」in庵治


1688年(寛文8年)、高松藩の殿様「松平頼重」公(水戸光圀の兄)は、高松市庵治町の北西の地「御殿」に別荘を造った。写真の井戸の跡あたりに台所があったらしい。殿様は高松城(玉藻城)から船で別荘のある御殿に来ていたらしい。海岸の写真は、御殿の砂浜から撮りました。
松平頼重公は、毎年3〜4か月、御殿の別荘で暮らしたそうです。明治に入り、盗賊に襲われ略奪、放火されたようで、明治5年1月4日に焼けてしまったそうです。


2014,02,09, Sunday 宝を活かす〜瀬戸の太陽in庵治


「だるま朝日in四国最北端の地”竹井観音」と「瀬戸の夕日in城岬公園」の写真です。
四国のだるま朝日は室戸岬が有名ですが、四国最北端の地”庵治の竹井観音」からも素晴らしい「だるま朝日」が望めます。そして、庵治の城岬公園からの夕日も絶景です。
このように、地域には、まだまだ発掘されていない地域の宝が眠っています。地域の宝を発掘し、情報発信することは、地域の活性化にとって大変重要です。
庵治・牟礼には、歯アート美術館、世界的家具作家のジョージナカシマ記念館、世界の中心で愛を叫ぶの舞台となった”雨平写真館」、第85番札所”八栗寺”、東京オリンピックの年に開業した東海道新幹線0型と車両設計思想を同じくする八栗ケーブル、うどんの”山田家”、源平合戦の史跡などがあります。
是非一度、牟礼・庵治の地で文化・歴史・芸術・景観を堪能されて下さい。

2014,02,04, Tuesday 今、何が問題か〜食育


先日、高松市で講師に幕内秀夫先生をお迎えして、「じょうぶな子どもをつくる基本食」と題しての講演会がありました。
写真は、超肥満のアメリカの子供で、油と砂糖が多く使われた食べ物と飲み物を常食にしている。日本人には米飯が合っている。全国で約100の幼稚園では、おにぎり3ケだけの「ノーオカズデー」を週3回を実施しているところがある。子供は白くて甘いご飯が大好きで、1位:母乳 2位:お米(ごはん)が好きとのこと。
「砂糖」と「油」にはサルも負ける。その典型がメタボサルで、砂糖が多く入っているのはウスターソース、ケチャップ、マヨネーズなど。
乳がん患者の8割は朝パンを食べている。
この講演を聞き、食育の大切さ、お米(ご飯)を主食にした和食・日本食の大切さを学ばせて戴きました。