活動


2014,05,25, Sunday 経済成長し続けるシンガポール


約35年ぶりにシンガポールへ行きました。35年前は、勤務している会社から業界の視察研修で派遣されました。その時は、高層アパートの建築ラッシュで、古い街並みが近代的に変わろうとしている時で、その速さにびっくりしました。私は住宅局長に質問しました。「シンガポールでは、立ち退き移転はどうしてスムーズに行くのですか」答えは「シンガポールでは反対するのはいくらしてもらってもいいのですが、ある一定期間を過ぎても反対する方は、プリズン(刑務所)へ行って戴きます」と。大変わかりやすい答えだったのを記憶しています。
また、写真は地下鉄の車両基地で、基地は地下に建設され、その広さは10万平米(サッカーコート17個分、牟礼の道の駅・房前公園の約3倍)の広さで、淡路島や東京23区より少し広い国土面積しかないシンガポールの地上・地下を有効活用する知恵と工夫を感じました。そして地下鉄車両には架線がなく、蓄電と発電によりバッテリーでモーターを回しており(そうなれば地下鉄のインフラコストも大幅に縮小できる)、技術の進化を感じました。
また、コンテナ取扱高、世界第2位のシンガポールは建国以来、港湾整備による、世界貿易の集積・中継基地化に力を入れており、わざわざコンテナターミナルとターミナル間の輸送スピードを確保するために高速道路(無料)を建設していました。最近、高松港に1基のガントリークレーンが竣工しましたが、4つのターミナルには何と190基のガントリークレーンが設置されています。
運営会社PSAの使命は「世界取引の支援」で、「将来の為に今日を準備する」その使命と役割を完璧に果たしているなあ、と感じると共に、高木英一はこの学びを、香川県の発展に活かすよう全力投球させて戴きます。

2014,05,18, Sunday すばらしかった:オペラ「扇の的」


昨日、オペラ「扇の的」を鑑賞させて戴きました。
このオペラは高松市出身・在住者などオール讃岐で演じられ、題材が「扇の的」ということで、高松市牟礼町出身の私にとり、再度、ふるさと牟礼・高松・香川・瀬戸内の文化・芸術・歴史・景観などなど、ふるさとの素晴らしさを再認識させて戴いた、すばらしいオペラでした。
源義経、佐藤継信、那須」与一、平清盛の娘で安徳天皇のお母さんの建礼門院徳子などなど、牟礼町に縁のある方ばかりで、改めて牟礼町には、磨けばまだまだ光輝く宝がいっぱいあるなあ、その宝をいかに活かし、多くの県民や来訪者の方々に豊かさと潤いを感じて戴けるか、私の責務として頑張らせて戴きます。

2014,05,18, Sunday 牟礼南小学校の運動会:人口減少時代に向けて!


昨日、牟礼南小学校の運動会に行きました。
私は団塊の世代で、同年齢の人が香川県で約2万4千人いましたが、今は約9千人です。本県の浜田恵造知事は「活力の源は人口」とおっしゃられますが、私も全く同感です。この子達が大人になり、社会を担う時代に備えて、今から、そういう時代を想定した社会の仕組みづくりが最も重要です。○入込客を増やす。○高齢者がいつまでも元気でいて戴ける対策。○時代を支える経済力の維持。○人それぞれの可能性・能力を引出し、活かす教育の実施。○地域交流の活性化を支える公共交通の維持。などなど…
『未来の子供たちに負担をかけない社会の仕組みづくり』のため、高木英一は一所懸命がんばらせて戴きます。ご意見・ご提言などお申し付け下さい。


2014,05,08, Thursday 近県小学生バレーボール大会が開催されました


5月3日、第19回近県小学生バレーボール大会が牟礼総合体育館で開催されました。
昨年より8チーム減ったものの、四国4県は元より、岡山、広島県からの参加を得て、約1000名の小学生が2日間にわたってプレーしました。この大会が何よりすごいのは、行政の支援を得ず、独力で開催していることです。人口減少下、未来の子供たちに負担をかけない社会の仕組みづくりが急務となっていますが、正に、この大会は将来のあるべき姿を先取りしているように思います。
『成せば成る』、東京オリンピックで女子バレーを優勝に導いた大松博文監督の言葉ですが、この大会参加者から、一人でも多く、世界に羽ばたく選手が誕生することを願って止みません。